America's Got Talent 2019 Live Quarter Finals1 レビュー記事 後半

AGTシーズン14の準々決勝初週の続きです!
準々決勝のライブショー記事と、結果発表記事を分けようかと思ったけど
文章量やアップするタイミングとか、諸々の理由で
ライブとリザルトショーを一つの記事にまとめて分割するということに
もはや、私にはまともな記事の書き方は無理だ
HPもMPも全く足りていない

それでは、続きを見ていきましょう!
Voices of Service

個人的には見たかった Voices of Service じゃなかったかな~~~~~
非の打ちどころのないパフォーマンスだったと思うし
彼らが評価されるのも分かるんだけど
それでも、ううむ、私が見たかった Voices of Service ではなかったかもしれない
ライブショーだからこういう歌い方をするっていうのは分かるんだけども

退役軍人と現役軍人の4人で構成される合唱団
戦争に行ってPTSDになった仲間たちの為に歌っている彼らは
オーディションから一貫して、そういう人たちを勇気づけるために歌っている
今回の選曲、Gavin Degraw の『Fire』も、そういう考えのもとでの選曲だろうな
「夢は掴むためにあり、友は金で買えないものである」
「キミは常に飛び込んでいくだろう、私たちは辞め方を知らないから」
っていう歌詞から続くこの曲も、Voices of Service の4人で歌えば
心を病んだ戦友たちの為に歌ってるように解釈できるわけだからね
サビの「我々は王者だ、また立ち上がることができる、再びこの命を燃やそう」で
若干、鬱の人に根性論で頑張れって言ってる歌詞に聞こえなくもないけど

んで、歌詞の内容はともかく、個人的には前回ほどではないと思ってしまった
音楽の方向性としては、オーディションの時の雰囲気に戻ってるし
前回の方が良いと思うのは、完全に私の好みの問題ではあるんだけど
何が一番気になったかって、バックコーラスの存在なんだよね

オーディションとジャッジカッツ編では、バックコーラスは存在せず
Voices of Service だけで歌っていたのに
今回はずらっとバックコーラスが並んだ状態で歌っている
ライブショーに上がったことで、よりパワフルに、より派手に
そして、よりスケールを大きくさせて歌うのは正解だと思うんだ
でも、この4人って、両端の二人が概ねコーラスを担当してて
真ん中の二人がリードボーカルって感じで歌っているよね
声質の違いで、紅一点の女性が一番目立つし、メインでもあると思うけど
そして、私が聞きたいのは、センター二人の歌唱と
そのセンター二人をサポートする両端のコーラスなんだよ
バックコーラスのコーラスが聞きたいんじゃない
この4人がPTSDになった軍人さんたちを勇気づけるから意味があるんだと思う
バックコーラスの人たちは、もしかしたら同じく現役の人たちかもしれないけどね

まあ、先にも書いたように、ライブショーだから
パフォーマンスのスケールを大きくさせるって意味では、とても意味があると思うし
この構成自体は、決して間違いじゃないとは思うんだ
それに、ある意味ライブショーの初回は、自己紹介みたいなもんだから
こういうパフォーマンスをする人たちですよ、ライブではこういうことをしていきますよ
そんな感じでやる意味もあると思うから、実際、ブラザーズも再放送だったし
でも、両端の二人の歌唱が、バックコーラスの声に隠れ気味なのが気になるよなあ
Voices of Service オデ動画 オデ記事 JC動画 JC記事


Ansley Burns

アイエエエ!?アンズリー!?アンズリーナンデ!?
ジャッジカッツ通過者の中にはいなかったはずのアンズリーが登場
しかし、視聴者投票によるワイルドカード枠で敗者復活していたみたい
な、ん、だ、け、ど……、ここまで来ると、それはもう単なるゴリ押しでしかないだろ
もっと他に通すべき出場者はいたはずだと思うんだけどな~~~~

そんで、正直この子のパフォーマンス、そんなに良いわけじゃない
そこそこ上手いし元気はあるけど、音楽と歌声の間に溝があるんだよなあ
曲に対して声が浮いてしまって、ただのカラオケだろとしか思えないんだよ

オーディションやJCの時から抱えてる問題は、ある程度は改善されたと思う
オデやJCだと、曲に追いつくのに必死で、歌唱がものすごく抑えられていたし
それと比べれば、一発でマシな歌唱ができている様には思った
でも、結局はマシな程度であって、すごいわけじゃないからなあ
それに、結局のところ曲に合わせて歌いすぎているから
全体の聞こえがカラオケ歌唱になってるわけだし

あと、振り付けは余計だったように思う
基本的に、振り付けを気にしながら歌うから、カラオケっぽさが強くなってる気がする
用意したパフォーマンスを、用意した通りに歌おうとしてるから
100点満点中、90点台の優等生な歌唱は出来ているけども
ポテンシャル的には、もっと上手く歌えそうな気がしても
決して、100点を超えるパフォーマンスにはなれてないんだよね
振付けらしい振付けじゃなく、もうその場その場の、体が動くのに任せて歌うべきだな

これが仮に、The Voice とか The X Factor みたいな番組ならいいさ
一旦通しで、次週までに歌唱を見直して、より良いパフォーマンスをするとか
プロ歌手のコーチングや、番組専属のボイストレーナーが付くわけだし

キッズにそこまで求めるの? って思うかもしれないけど
でも今までさんざんモンスター級に上手いキッズ出てきてるよね、この番組
優勝してるしてないにかかわらず
人数関係なしに、GFORCEの足元にも及んでないわけだからなあ
それでなくても、歌手が多いだけじゃなくて、キッズ歌手も多いんだから
Ansley Burns オデ動画 オデ記事 JC動画 JC記事


Alex Dowis

地球の歴史を4分ほどで描き切る!
オデのパフォは全カットされていたけど、JC編で驚きのステージを披露したアーティスト
紫外線で発光する塗料を塗った大型のボードに、紫外線を当てることで絵を描くという
部分的には、事前に用意した、塗料の塗られていない背景を使って絵を出現させるけど
そういう絵も含めて、見せる物語が面白い出場者だね

前回は、アポロ13号の月面着陸作戦を2分程度で綺麗にまとめてきていて
今回はその倍の時間がもらえるっていうことで、題材のスケールも大幅アップ
地球の歴史を4分の中で描き切っていた
しかも、使用する大型パネルも二枚にして、物理的にもスケールアップ
絵を出現させる場所を広くした分、一つ一つの絵も大きくなったように思う

個人的に、一つ気になることがあって
題材を地球の創生から現在までを表現するのは良かったけど
スケールが大きくなった代わりに、凄みが散漫としている様な気がした

ジャッジカッツ編のパフォーマンスの何がすごかって
一つの絵の中で、物語がどんどん進展していくところが良かったんだよね
例えばJCだと、冒頭で描いたジョン・F・ケネディが、結構ずっと残ってて
でも、ケネディ大統領の横顔が残ってるタイミング
そして、さりげなく大統領の顔を上書きして消すタイミングによって
視点が地球の管制室から、月面着陸を果たした側に代わるっていうのが
すごく分かりやすく描かれていたんだ

今回のパフォーマンスで言うと、例えば最初のティラノサウルスの部分
ティラノサウルスが出現して、背景が描かれて、隕石が描かれて
そうして、恐竜の時代が終わりを迎えると、植物が伸び始めるよね
ジャッジカッツでのセンスだったら、そこを一つの絵で繋げるというか
隕石落下、直撃地点でマグマが噴き出す→噴き出すマグマの絵を流用して花にする
みたいな流れになってるんじゃないかなって思った

逆に、それができているなって思ったのが、ハンドシェイクのシーン
握手の絵が出現したところで、「ああ、これが地球になるんだな」ってピンときて
実際、握手を描いた部分をまるで囲って、その後でアメリカ大陸を出したよね
まあ、欲を言えばゴリラをもっと有効活用してほしかったなって思うけど

ただ、余白の部分が多いから、見やすくはなったんじゃないかな
今JC編の絵を見返すと、狭い範囲で何とかやりくりしようって状態に見えてくるし
センス自体は前回の方が絶対良かったと思うけどね

あと、もう一つちょっと気になったことがあってさ
カメラの影響を受けているのか、ステージが大きいからか
あるいは、巨大なボードに対して塗料が薄くなっていたからなのか
どうにも、描いてる絵の濃さが薄くて見づらい気がするんだよなあ……
だから、YouTubeコメント欄を見たのに、誰も見づらいとは書いてなくて
いやまあ、画面の光度を上げたりとかして対応すればいいんだけどさ
ジャッジカッツ編でのパフォーマンスと見比べても、やっぱり色が淡い気がするんだよね
それこそ、スプレー缶でゆっくり線を引くのと、さっと引くぐらいの色合いの差がある気がして
なんか、全体的に見え方が淡すぎて分かりづらかった……
ただまあ、それは私個人の問題だろう
Alex Dowis JC動画 JC記事


Luke Islam

オーディションでゴールデンブザーを獲得していた少年
ゴールデンブザーの獲得によって、ジャッジカッツ編を免除されていたから
オーディションから一足飛びで歌うことになってるわけだね
それもあって、私の中では今一つ、印象に残ってない出場者でもあったけど
とは言え、オーディションで『She Used To Be Mine』を歌ってたってことで覚えてもいた

歌唱に関しては、さすがにJC編の間ずっと遊んでいたわけじゃなく
あれからずっと練習してきたんだろうなっていうのが伝わるような歌唱をしている
全体、オーディションの時より声がすごくクリアなんだよね
透き通るような高音って意味じゃなく、声が良く通るんだよ
濁りも淀みもなく、これだけ綺麗な声が出せるっていうのは
それだけ、しっかりとした、声楽寄りのボーカルトレーナーがいるってことだろう
もっとも、オーディションの時含め、彼はミュージカル系を歌ってるから
ミュージカル歌手になるために、声楽寄りな声になってるんだろうけど

選曲は、最近オーディション番組で聞くようになってきた『You Will Be Found』
私はミュージカル『Dear Evan Hansen』をまだ見ていないから何とも言えないが
作曲にグレイテスト・ショーマンの人が参加してるらしいから
なんかもう、作風、って感じで音楽の雰囲気がすごく似てるし
グレイテスト・ショーマンみたいに後学の為に見なきゃいけなくなりそうだね

んで、箇所に関しては、なんだかんだでオーディションの方が良かったかも
オーディションで歌った曲、『She Used To Be Mine』は
どうしても、他の人が歌ったバージョンの方が気に入ってて評価できなかったんだよね
でも、こうしてルークの歌唱同士、オーディションと準々決勝の歌唱で聞き比べると
オーディションでの歌唱の方が、気持ちがこもっていたように思えてならない
歌声のクリアな感じ、通り具合で言えば、今回の方が圧倒的に綺麗なんだよ
でも、オーディションの時の、若干ざらついた声の出し方の方が
そこに、感情や気持ちがこもっているように感じられて、良かったと思う
オーディション当時は彼の事そこまで評価できなかったにしてもよ
Luke Islam オデ動画 オデ記事


Bir Khalsa

あ、今回のはダメです、見てらんないです
ジャッジカッツ編でのハチャメチャなパフォーマンスはまだ良かったけど
今回のパフォーマンスはオーディションの時に戻ったヤバさ
もうどのパフォーマンスも見てられなかったわ
目隠しをしてるっていうのがまた最高にイカれてて好きじゃない

というか、私、危険パフォーマンスに関しては
一切この番組を信用していないからね

Britain's Got Talent だと、今まで放送事故になったことはなかったけど
America's Got Talent だと、危険パフォーマンスじゃなくてアクロバット
例えば、空中ブランコみたいなパフォーマンスで失敗して落下とかあるからさ
生放送で
だから、AGTにおいてはこういうの「あるかもしれない」って思ってダメなんだわ
ジャッジカッツ編に関しては、まあ、まだ見れたけどもよ
Bir Khalsa オデ動画 オデ記事 JC動画 JC記事


Kodi Lee

この曲をカバーしてくれたのがすごく嬉しい
正直に書いてしまうと、私の中でコーディ・リーって、そこまでの歌手じゃなくて
オーディションもすごいなと思いつつも、内心、感動とかまではしていなかったんだ
単純に私の音楽というか、オーディション番組における歌手の好みとズレるんだよね

以前、AGTチャンピオンズのレビュー記事でも書いたけど
私は、出場者が悲しいバックグラウンドを持っているとか
ハンディキャップを持ってることを考慮して評価するってことがない
別に、そうしたい人はそうすればいいと思うけど
ドライな性格しているから、才能やセンスを見て評価するってことしかできないし
ハンディキャップ持ってる人がすごく努力して素晴らしいパフォーマンスをするとか
悲惨な過去や事故を経験して、それでも努力して才能を開花させたとか
じゃあ健常者で悲惨な過去もない人は、どれだけ努力をしてもカウントしないの?
ってなって、きりがないから、バックグラウンドで評価することは、ほとんどないのよ
だから、ハイキックガールズのパフォーマンスなんかで言っても
「あのパフォをするのに尋常じゃない練習量がいる」って分かってても
それはそれとして、ステージでのパフォーマンスを見て判断するしかできないし
コーディに対しても、自閉症で全盲「なのに」これだけのことができる、じゃなくて
自閉症で全盲だけど、それはそれとして置いといて、歌唱力が素晴らしく高い
っていうような見方しか、どうしてもできない

だから、私の中ではコーディは、信じられないほど完璧な歌唱をする出場者で
それ以上でも以下でもないって認識で見ている
おそらく、そういう見方をしている人の方が、本当は大多数なんじゃないかな

そんで、そうなると、私は彼の歌唱の向こう側が見えなくて困っていた
普段このブログを読んでる人なら、なんとなく分かると思うけど
私はそんなに歌唱力が高いかどうかは、最終的には気にしない
メッセージ性なり、センスの良さなり、カリスマ性なりで、私なりに心に響くかどうか
理屈抜きで、ハートをわしづかみにされるかどうかっていうところがポイントで
コーディの歌唱に関しては、「信じられないほど上手い」以上のものが見えないんだ

んで、その上で言うけど、コーディの歌唱にはライブ感がないような気がしてならない
感触的には、レコードを聴いている感じに近い気がするのね
それは、機械的とか、感情がないとか、そういうことが言いたいんじゃなくて
だって、レコードに歌唱を吹き込むときに、感情なく歌う人はいないよね、たぶん
収録するときだって、完璧な歌唱に聞こえるよう、歌手は全力で歌うだろうし
そんで、コーディの歌い方に関しては
用意した歌唱を、そっくりそのまま完璧にその場で再現している感じがする
それはそれで、とんでもない才能だと思うし
おそらく、似たようなことができる歌手って、ほぼいないと思うが
やっぱり、私の好みではないんだ

本当言うと、ただ一言「コーディ苦手」で書くのやめても良いはずなんだけど
それだとコーディの才能に対して失礼だし
私はコーディが好きではないだけで、嫌いでもないし
むしろ、彼の才能そのものは本当に素晴らしいと思ってるから
本当に真っ向から私の本音を書いておくことにした
オーディションの時に感じていたこととほぼ同じことです

と、ここまで3時間ぐらいかけて書いてきて、冒頭に戻るけど
実家にさあ、この時計が壁にかかってるんだよね

20190815210831446_201908152111455df.jpg
SEIKO のからくり時計なんだけど
『Bridge Over Troubled Water』が収録されててさあ
私、この曲とともに小学校時代を生きてきたんだよ

小学生の頃を思い出させる一曲だぞ
それをこの場で歌われるっていうことが
どれだけ嬉しいか、キミたちには分かるまい

もう小学校の頃この曲をうんざりするほど聞いた
この曲に限らず、この時計に収録されてる曲全部だけど
むしろ、この時計に収録されてる曲は、この時計のが初見なレベル
Kodi Lee オデ動画 オデ記事

結果発表
前半記事の冒頭でも書いたように
本来なら、日本時間で水曜日に全パフォーマンスが終わって
木曜日に結果発表だけのライブショーが行われるのだそうな
しかし、私の記事を書くペースが最近遅く
HPもMPも足りてなくて、一回の記事で全部書ききれないので
もういっそのこと、その週は前後編で分けるっていう形をとっている

ということで、まずはリザルトショーの結果なんだけど

流れとしては、まずは視聴者票の上位6組が準決勝に進出できることになる
この6組は、ライブショー当日から、翌日(?)までに投票されたものがカウントされる
そして、12組中、7位~9位の3組に関しては
生放送の最中のリアルタイム投票、Dunkin' Save によって通過者が決まるそうだ

そして、準々決勝を勝ち抜いた出場者たちが、こちら
(アルファベット順)
Alex Dowis
Greg Morton
Kodi Lee
Luke Islam
Messoudi Brothers
Voices of Service

敗者復活
Ansley Burns

ウソでしょ!? マジで!?
GFORCE を落としてまでアンズリーを通す!?
上位6組の通過者に関しては文句ないけど
Dunkin' Save でアンズリーが通過したの不満でしかないんだけど

上位通過者たちに関しては、ほんとなんの不満もない
ぎりぎりルークが個人的に微妙だったぐらいで
消去法的に考えても、まずこの結果になるだろうなと思うし
百歩譲って、まあ、アンズリーが通るのは良しとしよう
ハイキックガールズとソフィーの3択だと、正直私は誰でも良いし
でも、GFORCE の敗退はありえないのでは!?
なんなら、今回のキッズ出場者たちの中で一番良かったのに!?
は~~~~~~~~~~
でも上位6組に文句はないからいっか(スンッ

全体の感想
ということで、クオーターファイナルの初週です
全12組なら、ギリギリ一日で書けるかなって思ったら
2日以上かかるという地獄の記事編集マラソンに追いやられて死ぬかと思ったし
休み一日潰して正直泣きそうなんだけど
まあ、やっぱり前後編で記事を分けてアップしていこうと思うのです
(本当は昨日の時点でそうしようか悩んでたんだけど、結局よ)

そんで、初週で思ったんだけど
やっぱり歌手が多いな……w
通過者リストを作った時に票にしても、半数が歌手だったわけだし
アンズリーが復帰したこともあって、なおの事、歌手が多くなったからなあ
さすがに、音楽大会や歌唱大会の記事ばかり書いてるのもあって
歌手に対するコメントが一番評価しやすくはあるんだけど
その分、文章量が多くなりすぎて、時間がかかりすぎるが

でも、初週としては、まずまずな大会になってるんじゃないかと思う
内心、もうちょっとスペクタクルになって欲しかったな、っていうのが本音だけど
(去年のAGTを見た感じだと、もっとショーらしさが強かった。歌唱大会ではなかった)
それでも、概ねほとんどの出場者がステージングを派手に大掛かりにさせてたから
ムキムキ3兄弟とか、アレックスとか、Alex Dowis とか、見ごたえがあったし
歌系に関しても、大体みんなダイナミックだったりスペクタクルになってたし
なんだかんだ、楽しかったのは楽しかったよ

ただ、一つ心配なのは
私の一押しな出場者が、今回ブラザーズしかいなかったのが恐いんだよね
すでに、次週のラインナップも出てる様で
それをちらっと見た感じ、見たい人が割と固まっているし
あまりつぶし合いしすぎないでほしいところだけども

とは言え、同時に楽しみな出場者が多くて期待値が上がるんだ
今回物足りないと感じたスペクタクル感も
次週は確実に最高潮に達するだろうと容易に想像できるラインナップだし
当日まで楽しみにしたい人のために、ここでは書かないけどね


次>> Live Quarter Finals2 レビュー記事 前半
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6469.html

前<< Live Quarter Finals1 レビュー記事 前半
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6467.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6450.html

サムネ
https://www.youtube.com/watch?v=Q8c0yFBfqoE
関連記事
America'sGotTalentAGT

2Comments

てるやき  

結果に不服~~~!!!!!!
GFORCEが落ちるってあります!?!
割とあっさり落ちて唖然。
私もAnsleyが通ることに関して、不満はないですし
ダンキンでAnsley>ソフィーになるのも、納得はできますけど
GFORCEが!!!GFORCEが落ちてるんですよ!?!?
この子たちは優勝のポテンシャルありますって~~~!!!
どうしてこうなってしまったのか。

ただ、どうかAnsleyがYoutubeのコメントを読みませんようにと願いたい。
Ansleyが通ったことへの批判が・・・;
投票で通ってる以上、Ansley本人はなにひとつ悪くないんですよね。
これで彼女に批判が集まってしまうのは悲しい。

あと思ったんですが、Ansleyって海外の13歳にしてはめちゃくちゃ子供っぽくないですか!?
この子のビジュアルも相まってか、私はもうAnsley応援体勢に入ってます。
準決勝でどんなパフォーマンスをしてくれるのか、期待します。

2019/08/16 (Fri) 00:42 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: タイトルなし

> てるやきさん
そうなんですよね~
ワイルドカード通過も、ダンキン通過も
どっちも視聴者票で通過しているから、強くは言えないという
しかも、GFORCEは12組中TOP9にすら入らなかったってことでもあるわけだし
それに、合計3回の視聴者投票で残ってるわけですからね
確かに、アンズリーは何も悪くないし
何なら番組側も何も悪くないという
だから、ゴリ押しですらないという

しかし、GFORCEに通って欲しかった
決勝は絶対行くだろうぐらいあったのに……
優勝のポテンシャルだって確かにあったわけだし……

> ただ、どうかAnsleyがYoutubeのコメントを読みませんようにと願いたい。
見てはいないですけども、ただ……
結果発表動画の一番最後、アンズリーに対するサイモンのコメントの後で
一瞬、ブーイングが聞こえる? 気がして、モヤっとしているという
気のせいだといいけど、もしほんとにブーイングだったら
YouTubeのコメントみたいに本人が見るかどうかわからない場所じゃなく
その場で目の前で子供相手にブーイングとかドン引き
実際ちょっと判断つかないですが

> あと思ったんですが、Ansleyって海外の13歳にしてはめちゃくちゃ子供っぽくないですか!?
言われてみればそうかもしれない! と、思いつつ
でも、あんまり子供をちゃんと見てないもんで判断つかないですwww
子供に限らず大人でも、あんまり年齢を気にすることがないから
見た目と年齢が合う合わないってことに気が付かないというwww

> この子のビジュアルも相まってか、私はもうAnsley応援体勢に入ってます。
さっき書いたみたいにYouTubeのコメント欄は見てないですが
批判する声が多いのなら、なおの事てるやきさんは応援してあげて
私が批判的に書いても全力で応援してあげて
アンズリーに声が届くかどうかとか関係なく
声出して応援してくのが巡り巡って本人の力になるので

2019/08/16 (Fri) 01:10 | EDIT | REPLY |   

Add your comment