Vocea României Season8 Knockouts4 チーム・ スマイリー編 レビュー記事

ボナセェェェエエーーーーラーーーーー!!!
ルーマニア版 The Voice シーズン8の続きを見ていきます!!

実際は2週に分けて放送されていたノックアウト編を
見やすくするためにチームごと、全部で4回の記事に分けているわけですが
それも、今回でラストで、残すところスマイリーのチームのみ
イリーナチームのドーラのように
私はスマイリーチームにもどうしても見たい人がいるから
何とか続きを見ようとここまでやってきているだけあるんだよね

Bogdan Ioan
(曲:All I want - Kodaline

いきなり、スマイリーチーム最強のボグダン持ってくるとかwww
出し惜しみをしないwwwwスマイリー全く出し惜しみをしないwwwww
番組的にも、いきなりボグダンを出すのもったいないだろうにwww
もっとも、実際の放送では、4チームそれぞれ4人ずつ出してて
スマイリーチームは毎回最後になってたようだから
放送上の歌う順番では13人目のクライマックス歌唱ではあるんだけどね

ボグダンは、Bオデでマイケル・ジャクソンの『Earth Song』を歌って
あまりにも高い歌唱力と、M・Jそっくりな歌声に、世界中が驚愕した出場者
でも、それでいてボグダンは、Bオデはマイケルっぽくなりすぎないように歌ったり
バトルラウンドでは、脱マイケルを目指すような、ボグダンとしての歌い方をしてて
モノマネじゃなく、一人のアーティストとして成長しようとしてるタイプの歌手なんだね
バトルはアップテンポな曲を歌って、むしろ Justin Timberlake っぽさがあったし
そして、流石にこの歌声、この歌唱力ともなると
私にとっても、シーズン8の中で最も注目している出場者でもあった
ボグダンとイリーナチームのドーラの二人は絶対見たいから取り上げ続けてるレベル

そこにきて、今回はしかも、The Voice ご用達 Kodaline の『All I want』
この曲、綺麗に歌える人はとことん綺麗に歌えるからすごく好きだけど
同時に、熱唱できる人はものすごく熱く歌えるから最高なんだよね
そして、ボグダンはその両方とも、綺麗な側面も熱い側面も見せるように歌ってる
ボグダンが持ってる課題、脱マイケルをさらに進めようとしての選曲なのか
原曲の通りにも歌っていなくて、ちょくちょくアレンジを聞かせて歌っていて
今回はロックバラードを歌いつつ、自分の歌い方を模索しているように感じたな

正直に言うと、ボグダン的にも、選曲的にも、期待したほどの歌唱ではなかった
期待値が高すぎたって言うこと以上に、あんまり曲が合ってないような気がしたんだ
曲の魅力もボグダンの魅力も、あんまり出ていないように感じられたんだよね
まだ完全には曲が自分のモノになっていなかったって言うこともあるだろうし
今までと違って、カラオケっぽい歌い方に聞こえるところも多々あったし
でもそれは、脱マイケルを狙いながら歌ってるからそう聞こえたんだろうな

歌い出しからしばらくは、やっぱりちょっとマイケル・ジャクソンの影響が強い
素直な歌い方じゃなく、ちょっと変な癖をつけて声を出しているように聞こえるし
マイケルみを感じさせるような声をしているよね
その辺りは、個人的にはいまいちに感じられたという
でも、サビに入ってからの歌い方が、これまでとは大きく違っていた
とにかく声量を上げて、声を張って、手加減せずに全力を出させる
スマイリーのそういう狙いが見えてくるような熱唱になっていくんだよね
んで、サビのシャウトの時に、声の中にガシャガシャした感触が入ってくる
あの声の感じ、なりふり構わず全力を出して叫ぼうとする感じ
そこがすごく良かった

歌唱自体は、Bオデやバトルほどではなかったと思うし
何なら、他の3チームのエース級出場者たちに一歩遅れを取ってさえいると思う
技術はあるけど全力の出し方、感情の出し方がそれほど上手くないんだよ
でも、今回みたいなシャウトをして全力を出す感じがもっと上手くいけば
感情のコントロールが上手くなっていけば、敵がいなくなりそうだし
今回のコーチング見る限り、それをスマイリーはさせてくれそうだよね
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事

Dalina Nemes
(曲:Budapest - George Ezra

実力と選曲の雰囲気とがめちゃくちゃあってる!!!
ボグダンみたいに激烈に上手いってわけではない上に
素人らしさがものすごく出ていて、素朴な雰囲気があるんだけど
その素直な歌い方が曲にものすごく合っていて、違和感がない
何なら、ボグダンの歌唱よりも遥かに聞きやすかったし
ボグダンの歌唱は耳で聞くようなものだったのに対して
ダリーナの歌唱は、ハートで聞くものだから、言葉がスッと耳に入ってくる

Bオデのダリーナは、かなり緊張した状態で歌っていて
声は上ずってたし、震え声で歌ってしまっていたけども
素人らしさが逆に心に響くような歌い方になっていたんだね

でも、今回の歌唱は過度に緊張することなく、すごく上手く歌えていた
もちろん、今回も緊張しているだろうし、それが声にも表情にも出ていたけども
スマイリーのコーチングで、シンプルに技術力が上がりつつも
でも同時に、メンタルケアもスマイリーが怠らなかったからだろう
ほんとに、素直な歌い方を、原石の輝きをそのまま見せるような歌い方になってて
オーディション番組の醍醐味の一つ、素人にしかできない歌唱になってて良かった

コーチたちは、年齢関係なく出場者の親みたいになって教えるところがあって
アンドラのノックアウトみたいに、スマイリーも出場者と一緒に歌ってるところがあるよね
今回で言えば、ユーって声をの伸ばすところでスマイリーがダリーナと同じ動きしてて
それだけで、歌うことを楽しませながら練習していたのも見えてくる
スマイリーとダリーナ、二人共の人柄の良さも見えてくるから、見てて微笑ましい

そんで、左手だけの、ほんとに些細ながらも、振り付けがあるのも良かったな
全体的に、Bオデの時みたいな背伸びした大人っぽさを出そうとするんじゃなく
若干、子ども扱いされてるっぽいところが、逆にダリーナにはハマっているし
その、ちょっとした振り付けでも、一生懸命入れながら歌ってるところ
そのナチュラルな良さを引きださせているから、素敵具合が増してると思った
流石、演出家スマイリー
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事


Vitalie Maciunschi
(曲:Zombie - The Cranberries

熱唱どころじゃないメタルっぽい歌い方に圧倒される
うおおおおおおおおwwwwwww
めちゃくちゃ熱いwwww熱すぎるwwwww
パワフルじゃあなくて、ひたすら熱気に圧倒される歌唱だったわwwww
元々、熱量のある楽曲ではあるけどもwwww
もはやメタルアレンジがかかってるようにさえ聞こえるwww

ほんとにBオデと同一人物かよwwww
Bオデではフランスの歌謡曲みたいな歌『Notre Dame de Paris』
誰でも一度は聞いたことがあるはずなシャンソンバラードを
日本で言うところの昭和のスター歌手みたいに歌っていた出場者
バトルも明るめの曲だったし、今回の選曲があまりにも意外過ぎる

そして、ダリーナが作ったふんわりとしたステージを燃やし尽くすような歌唱
強烈に印象に残る、インパクトのあるシャウトの迫力が凄まじく
間違えてトゥドールチームの動画を見ているんじゃないかって思うほどのロック魂
何より、この難しい曲を完全に自分のものにして歌いこなしているのがとにかくすごい
ただのロックと言うより、メッセージ性がすごく強い曲でもあるから
物語性や、歌詞の意味に重みを持たせた上で、しっかりとロックボイスで歌わないと
曲の重みに歌唱が負けて、途端に下手に聞こえるような楽曲だからね
実力者ほどこの曲に挑戦するイメージがあるけども、いやいやいや、彼も中々の歌唱だよ

歌い出しからしばらくが、どうにも違和感のある英語で歌っているというか
音で歌詞を覚えてそうな感触があったのがちょっと気になったけども
とにかく、パワーがズバ抜けてすごいんだよな
しかも、単に力押しでゴリゴリ押しきったって言うわけではなく
メタル歌手バリな力強い低音を中心に、高音域のシャウトまで使いこなしつつ
極めつけは、ラスト付近の「オー」でのオペラティックな歌唱とか
色んな歌い方をこの一曲の中に詰め込んでいるから見ごたえありまくり
ヴィタリエなりに、持ってる技術の全てを総動員させて
本気の歌唱をしているのが伝わってくるという

しかし、ヴィタリエもとんでもない爆弾を隠し持ってたんだな
出し惜しみせずここでぶつけてくるのもすごいし
むしろ、ボグダンを退けてトップに躍り出る勢いの歌唱だと思ったわ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事

Diana Strat
(曲:Titanium - David Guetta ft.Sia

悪くはないんだけど、カラオケっぽいよなあ
ヴィタリエの熱気溢れる歌唱の直後だと、線の細さや素人臭さがネックになるし
仮に、ディアナがヴィタリエよりも先に歌っていたとしても、評価できなかったろうなあ
歌った本人が満足そうなのが救いではあるけども

歌い出しからしばらくの間はそうでもなかったんだ
ヴィタリエやボグダンほどではないにしても
丁寧に歌っている分、そんなに下手と思わせる歌唱ではなかったわけだし
何より、Bオデよりもずいぶんと上手くなってはいるんだよ

ただ、サビに入ってからがねえ
歌っているというよりかは、大きな声を出しているだけって感じになってるのが良くない
酷いとまでは言わないにしても、悪い意味での素人臭さが強すぎる

本調子で歌えていれば、もしかしたらもっと綺麗な歌い方になっているのかもしれない
緊張で喉を絞めて、無理やり声をひねり出そうとするような歌い方になっていなければ
音程も綺麗に合って、声も綺麗に通っていたかもしれない
でも、今の状態はブレーキをかけながらアクセルふかしてるような状態で
スマイリーから何を学んだのかがよく分からないんだよね
一生懸命歌っているのは分かるが
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事


前半の結果発表
スマイリーチーム初週の流れは
ボグダンとダリーナが仮通過した後、ヴィタリエとダリーナを入れ替えて
最後に歌ったディアナはそのまま敗退と言う流れのようだね

と言うことで、初週分の通過者は
Bogdan Ioan と Vitalie Maciunschi の二人

個人的にはダリーナも良かったとは思うけども、これは相手が悪かったというか
ボグダンとヴィタリエは、そりゃ通過するだろって感じの二人だったからねえ
しかし、ボグダンは、今回の歌唱ではあまり評価が上がらなかったのが歯がゆい
KOを見るまでの期待値で言えば、ボグダンとドーラが私のトップ2だっただけに
もう少し何とかなって欲しかったけどなあ
ヴィタリエに関しては、もう文句なしの通過だね

しかし、アンドラのチームを見た後だと、なんとThe Voice らしい選曲と歌わせ方なのか
この4人の歌唱を聞くだけでも、「あ~、The Voice を見てる~」ってなったし
なんなら、この4人で決勝戦をやってるぐらいの空気感があったという
さすが、ベテラン The Voice コーチだよスマイリーは

後半戦
Andrei Voicu
(曲:Toxic - Britney Spears

この曲、本当にまともに歌われないよな
歌唱番組で元の編曲で歌われない四天王の一角 Britney Spears の『Toxic』
だけど、歌うのがアンドレイだから、この破壊的なアレンジになるのもうなづける
アンドレイは、Bオデで LMFAO の『Sexy and I know it』ジャズアレンジしてたし
バトルラウンドでも Adele の曲をレゲエアレンジするとかすごいことしてたからね
歌唱に関しては、そこまで上手いわけではないんだけども
彼の歌唱に関しては、もはや上手いかどうかを見るものではなく
このアレンジの面白さを楽しむこと、その一点に目を向けるのがベスト

アレンジ自体はすごく面白いんだ
それに、この曲って大幅に編曲を変えた状態で歌われることがほとんどだけど
必ずしも、そのアレンジが上手くいくとは限らないから
こういうスピード感とグルーヴ感のあるアレンジにして
楽しさ100倍になってるのはシンプルに評価ができる

とは言え、正直今回の歌唱は、そんなに上手くいっているとは思えなかった
全体的に、ちょっとナルシーが入った状態で、カッコつけながら歌うのが悪いよね
これは、カッコつけるよりかはバカになって歌った方が合いそうな気がする
最後の方で、ちょっと頭のねじを外しているけども
こんなもんじゃなく、ステージ中を走り回りながら歌っても良かったんじゃないかなあ
せっかく曲のアレンジがユニークで楽しいのに
その勢いを歌手が殺してしまっては、もったいないよね
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事

Letiția Roman
(曲:A song for you - Leon Russell

間違いなくスマイリーチームトップの歌唱だったと思うわ
う、うおぉ……、言葉を失ってしまうほどの、圧巻の歌唱力……
KOを見始める前までは、ボグダン目当てで見始めていたというのに
ヴィタリエがボグダンを越えて、さらにレティツィアがその上を行っている……
他のみんながオーディション番組の為の歌唱をしている中で
レティツィアだけが、歌の中身を表現しているんだもの
技術力を見せるための歌唱ではなく
言葉の意味を伝えるために、結果としてこの形になった感じさえある
若干、過度な歌い方になっているところもあるけど
これは、イリーナチームのアリーナ並みに感情がこもった、魂の歌唱だったよ

元々、Bオデの時点でドラマチックでセンチメンタルなバラードを歌っていたレティツィア
だから、今回の選曲で挑むのも分かるが
歌唱力のレベルは、Bオデの頃とは比べ物にならないほど上がっている
私は、彼女のBオデの歌唱をいまいち評価できないでいた
今見返しても、やっぱり私には合わなくて
というのも、バラードに対して過度にクセを入れて歌ってるのが気に食わなかったんだ
歌詞に感情をこめているところを聞きたいのに、歌唱がそれを邪魔してたんだよね

でも、今回は過度なクセのつけ方をして歌うわけではなく
かといって、まったくのストレートな歌い方をするわけでもなく
彼女の特徴、彼女の良さを残しながら、曲に合う歌い方ができるようになっていた
もちろん、基礎的な歌唱能力がBオデよりもずいぶんと上がってるのもあるけども
感情の込め方がナチュラルになって、歌詞の内容がものすごく伝わりやすくなっていた
レティツィアが自分で閉じ込めていた実力と魅力を、これほどまでに引き出させるとか
スマイリーのコーチングが輝きまくった結果でもあるんだろうな

そして、これ選曲もすごく良かったよね
Bオデで歌った曲は、Labrinth 『Jealous』は、何よりも美しさが求められるような曲で
レティツィアのクセ歌唱を受け止めきれない曲でもあった
でも、今回はレティツィアの歌唱を受け止めてなお、曲の良さも崩れることなく
むしろ、元から彼女の為に作られた曲の様にさえ思えるほど声が溶け込んでいる
歌手と曲、両方共の魅力が引き出され合うコンビネーションはほんとに素晴らしい

イリーナチームのアリーナと比べると
レティツィアの感情表現は、ちょっと人工的な感じがするけども
スマイリーチームの中で唯一ハートで歌ってるように思えたよ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事

Geanina Militaru
(曲:Inima nu fi de piatra - Corina Chiriac

ここだけオーディション会場じゃなくなってる
ルーマニアなのにルーマニア語の曲が少ないのがこの国の The Voiceとは言え
これまた独特というか、特徴的というか、他の国では絶対聞けない曲と歌唱
イントロからして、もう歌う前から音楽の雰囲気に持っていかれたし
歌唱が始まったら始まったで、シャンソンのような雰囲気に持っていかれる

Bオデの時点で、ブリトニー・スピアーズの曲をジャズアレンジで歌ってて
元々スウィングするような曲を歌うのは得意だったみたい
それで言っても、今回の歌唱は中々聞くことのできない雰囲気だけど

というか、初めて聞くような音楽過ぎて、評価ができないwww
そもそも、この曲がどう言うジャンルなのかがまず分からない
近しい雰囲気で言えば、先にも書いたようにシャンソンっぽいんだけども
ルーマニア民謡をベースにしたポップスって感じの雰囲気にも思えるし
でも、歌い方のせいか、ちょっとミュージカルの中の一場面っぽくも見えるよね
他の出場者たちのポップス歌唱とは、明らかに一線を画す歌唱だよ
てか、ミュージカル歌唱っぽいってのは割とあってるのかも?
全体的に、セリフを読み上げてるっぽい歌い方に聞こえるからね

あんまり、誰より上手いとかって言い辛い歌手に思えるけども
さりとて、悪いわけでもないから、順位も全く読めない出場者って思った
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事

Sorina Bică
(曲:Reckoning Song (One day) - Asaf Avidan & the Mojos

あまりにもタイプが他の人と違いすぎる!!!wwwww
全チームの中で言っても、こんなに面白い歌い方をする人、他にいないぞwwww
ユニークというより、もはやシンガーソングライターが自由に歌ってるwwww
しかも、Bオデと比べると、才能の開花の仕方がエグすぎるwwwww
選曲も、よくこの曲を見つけてきたよって感じだし
歌が上手いとか、上手くないとかって言う次元を超えてるよwww
何より良かったのは、もっと彼女の歌唱を聞きたい
他の曲のカバーも聞いてみたいと思わされたところだな

いや、めちゃくちゃ驚かされた
ここまで独特なスタイルで歌う人がいたのかって言う
なんで今までチェックしてなかったんだろう、と思ってBオデを見返したら
Bオデの歌唱は、まだオーディションらしく、素人らしかった
AC/DC の『You Shook Me All Night Long』を歌って
でも、良い声を持っているのに、その能力を発揮しきることなく
単調な歌い方をして、ロックらしい歌い方をしようと狙いすぎて
単なる勢いのあるカラオケ歌唱って状態だったんだね

でも、今回の歌唱はソリーナが持っている歌声の魅力を引き出しまくっていた
ちょっとセリフっぽい、吐息交じりに歌うブルースパート
渋みもありつつ、リズミカルなカントリーパートと
二つのジャンルを行ったり来たりすることで
Bオデで見せたロックソングに対する強みを出しつつ
ブルースだからこそできる表現力の高さの見せ方をしていて
ほんと、それまでとは別人レベルに魅力的なポイントばかりな歌唱になっていた

しかし、BオデでAC/DCを歌ってた人に
実質、カントリーとブルースの両方を同時に歌わせるって発想がすごいな
そういえば、スマイリーはカントリーに強いんだったのを思い出したよ
2016年も、カントリーに強い出場者 Alexandru Musat を決勝まで導いていたし
今回だって、ブルースパートに入ったら観客を抑えるようなハンドジェスチャーをして
ソリーナの歌唱だけじゃなく、会場全体の空気も一緒にコントロールしてるし
例え本人選曲だとしても、この歌唱を引き出させたスマイリーの功績はデカい
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事

2週目の結果発表
こちらも、最初の二人が仮通過するところまでは同じだけど
アンドレイと、ルー語歌唱のジャニーナを入れ替えて
その後で、さらにジャニーナとソリーナを入れ替える形になったようだね

ということで、後半の通過者は
Letiția Roman と Sorina Bică の二人

KO2週目の通過者も、納得の結果になったね
ジャニーナに関しては、なんだかやたらと再生回数が多いけども
でも、私はレティツィアとソリーナの通過で文句なし
なんなら、二人ともボグダンとヴィタリエよりも良い歌い方をしてたとさえ思えるもの

全体の感想
スマイリーチームのノックアウトラウンドを通過した人たちを並べると
Bogdan Ioan
Vitalie Maciunschi
Letiția Roman
Sorina Bică

他のチームの出場者たちと比べたら
何気に、男性の通過者が半数って言うのは珍しいという

ということで、スマイリーチーム
個人的にすごく期待していたボグダンが思ったほどではなかったけども
初週も2週目も、どちらもスマイリーのコーチングがめちゃくちゃ上手いんだわ
アンドラチームを先に見ていた分、The Voiceらしさが強くて、見ててすごく楽しかった

まず、とにかく選曲がすごく良かった
他のチームは出場者に選ばせてるだろうけども
スマイリーチームに関しては、スマイリーが選んでいるとしか思えないほど
出場者一人一人に対して、的確な曲が割り振られているように感じたし
例え出場者自身が選んでいたのだとしても
全員の魅力、ポテンシャルを正しく引き出すようなコーチングができていて
歌唱が悪くなっている人はほとんどいなかった

んで、こうしてスマイリーチーム全体を見ていると
改めて、アンドラのチームがどれだけ特殊なことをしていたかってのが見えてくる
どのチームも、出場者にアドリブ歌唱を入れさせたりとか
曲そのものにアレンジをかけて歌わせたりとか
露骨なアドリブ歌唱をさせるんじゃなく
出場者の魅力を引き出させるために、歌唱全体の構成を整えてあげているし
特に、スマイリーのコーチングに関しては
出場者って言う歯車と、選曲って言う歯車が、しっかりと噛み合うように
とことん整備して、正しく面倒を見てあげているって感じがしたよね
でも、アンドラは、アドリブ歌唱をさせることにだけ集中していた感じがして
あそこだけ異質なコーチングになっていたように思うわ

アンドラとスマイリーの対比みたいになったからこそ
見えてくるものがあったって感じかな

それにしても、ほんと今回のスマイリーは輝きまくっていた
Bオデやバトル時点ではトップを言っていたはずのボグダンが下がったのは惜しいけど
その分、レティツィアとソリーナがトップに躍り出て、驚きの歌唱を見せてくれたし
全体のレベルを底上げできていたわけだから
これは、ライブショーに期待しても良い気がするわ

ということで、これでノックアウト編4チーム分の歌唱を見終わったわけだ
次回は、通過者一覧で全体を振り返って
その後で、ライブショーを見ていこう



次>>

前>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6065.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6047.html

サムネ
https://www.youtube.com/watch?v=3QayqN-BgRI
関連記事
TheVoiceofRomaniaVoceaRomânieiルーマニア

2Comments

fumufumu  

Reckoning Song

以前、この曲をドイツのチャートだったかで見て「ああ、ドイツね」と思ったのですが、(https://youtu.be/IBPlKHF29Zk
元はイスラエルのバンドだったんですねえ
Sorinaの歌唱はオリジナルに影響されているような気がしないでも?

コーチコメントもちゃんと動画に入れてあるのがいいなあ

私の中ではVitalieがトップ
Letiția はやり過ぎだと思いました
結果としての魂の熱唱と言うより「魂を入れる」ことが目的にあったみたいに聴こえたかなあ

2019/06/22 (Sat) 11:26 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: Reckoning Song

> fumufumuさん
> ドイツのチャートだったかで見て
色んな国のトップチャートとか見てると
でも、英米のチャートで見る人も多かったりしますからね
(英米人に限らずスウェーデン人とか)
その国の人じゃない歌手の名前が挙がってる事って結構あるし

> Sorinaの歌唱はオリジナルに影響されているような気がしないでも?
言われてみると、確かにそういう風に聞こえる気も
Bオデの歌い方からガラッと変わったのも、その辺りがある殻かも?

> コーチコメントもちゃんと動画に入れてあるのがいいなあ
ウクライナみたいに冒頭のドキュメンタリーパートはなくても良いから
どこの国もせめてコーチコメント入れるのをデフォにすべきですよね
言ってることが分からなくても、コーチの反応も醍醐味だし

> Letiția はやり過ぎだと思いました
確かに、やり過ぎな所もありましたねえ
個人的には、特にラストのベイビーのところとか、やり過ぎッて思ったし

> 結果としての魂の熱唱と言うより「魂を入れる」ことが目的にあったみたいに聴こえたかなあ
言葉が思いつかなくて「ちょっと人工的な感じ」って書いたけど
それだ、私が言いたかったの、すごいスッキリしたwww

2019/06/22 (Sat) 16:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment