久しぶりに更新されたAmerica's Got Talent の動画を見ていく

前回YouTubeにアップされてから2週間も経って
ようやく続きがAGTの公式チャンネルにアップされましたね
この回だけが1週間遅れになって、これ以降はまた毎週放送される様ですが

という事で、いくつか個人的に面白かったものを

Makayla Phillips

ミュージカル系映画の主人公にしか見えねえ
ディズニーミュージカルにもいそうだけど
どっちかって言うと『ハイスクール・ミュージカル』とか『ピッチ・パーフェクト』とかの
ティーン向け映画の主人公っぽい感じがする
いや、実際ティーンなんだけどさ、そうじゃなくて
素直で良い子そうな雰囲気や、そういう性格が歌唱に出ていて
そう言うところが映画の主人公っぽいというか、実直なキャラクターっぽくて
HUNTER X HUNTER で言うところのゴンみたいなキャラっぽいなって思った

歌唱自体は、アメリカ版のThe Voiceでよく見るタイプの
めちゃくちゃレベルの高いカラオケ歌唱っていう感じ
悪くいっているわけじゃなく、ほんと米声にはよく出るタイプで
一番アメリカらしい歌唱だと思ってる
アメリカ版The Voice に出場したHanna Eyre

あの子にすごく近いタイプだと思う
あの子も映画の主人公みたいな歌い方していたし
何より笑顔が映画の主人公のそれだった

マケイラもハンナも、声の出し方がすごく英語歌唱に合う
ドストレートでダイナミックな歌唱なのも
実にアメリカっぽくていいよね


Angel City Chorale

よく見る合唱団系かと思いきや
一体何をやっているかと思っていると
まさかの雨の表現

これ本当にすごいと思ったわ
会場全体にまで広がる雨の音
歌唱が始まったら、普通の合唱団になったけど
選曲含め、私は結構好きだったな


Blue Tokyo

日本人パフォーマンス集団、もう結構常連というか
日本じゃ活躍できないからどんどん海外進出してるイメージがある
最終的に、海外で有名になりまくって日本にお招きする逆輸入になるんだ

パフォーマンス自体は、武道っぽい見た目をしているけど
これベースは完全に新体操だよね
それを普通のステージでやるのが凄いんだと思う

全然関係ないけど、この動画選曲がニーアあの好き


Oscar & Pam

賢い
ぶっちゃけ探せばYouTubeにいくらでもいそうなタイプだとは思うが
これの何がすごいって、餌でつってないってところだよね
普段は餌をもらえてるから歌ってるのかもしれないけど

アンドロイドのおじさん

マイクガチャガチャで
腹がよじれるほど笑ったので
私の負けです

パフォーマンスはクソほども面白くなかったです

PAC Dance Team

結構すごそうなのに全カット
AGTは他の国がやらない演出の一つとして、スローモーションを多用するけど
こういう時のスローモーションの多用は「多用」感が強くて鬱陶しいと思う時がある
パフォーマンスみたいのにジャッジや観客にカメラが向きすぎる時のBGTみたいに
まあ、この分は、結局カットされてるからアレだけど

ちなみにFULLバージョンはおそらくこちら

これはさすがに動画の時間が長いから
FULLで流されたとしてもAGTではダイジェストだろうけども
でも、カットされずに見たかったな

Hamster Wheel

ピタゴラスイッチって、前にギネスに乗った装置の最後に
新しい仕掛けを一つ追加するだけでギネス更新されるらしい
人から聞いた話

これなんでピックアップしたかって
装置に使われているもの見て欲しい
いかにもアメリカの住宅地の庭先で作った臭い雰囲気があるでしょ
そこがものすごくアメリカらしくて、ちょっと面白かった

丁度こんな感じの所で作ったんだろうなって感じ



Hunter Price

歌唱系については、積極的に見ることはないんだけど
動画のタイトルでサイモンがセカンドチャンス上げたってあったんで
そう言うのはさすがイに気になったから見てみた

この人のオリジナルソング、私はすごく好き
カントリー色が強いけど
最初の方の「the sun out of the sky」の所の
声の伸ばし方がすごくツボだったし
Mumford & Sons っぽい声と歌唱だったのもあって
今回分の中でも特別気に入っていた


さて、てるやきさん情報だと次回はJudge Cuts ですね
Judge Cuts 自体、意識してみるのは今回が初めてになるという
出場者単体のまとめ動画とかでは見ていたんだけどね

関連記事
America'sGotTalent

0Comments

Add your comment