The Voice : la plus belle voix 2018 Audition finale レビュー記事

フランス版The Voice のバトルラウンドおおおお!!!
……バトルラウンド?
ノンノンノン
バトルではなく、オーディション・フィナーレよ
by ザジ(本人弁
ということで、フランス版The Voice
今年はすぐにバトルラウンドへ移行するのではなく
まずは3人一組で次のラウンドへ進める権利を勝ち取る
スティールシステムありの最終オーディションが行われるようだ
一人が歌い終わったらコーチコメントを挟まずに、立て続けに次の人が歌うから
実質、ノックアウトラウンドであると言ってもいいだろう

昨年はなかったので今年からのシステムの様だね
ただし、ノックアウト自体はないようなので
いつもとバトルとノックアウトの順番が逆になっているだけとも言える
まあ、KOにスティールシステムがあるって点でも違うし
ちなみに、オーディションと題するだけあって、選曲は本人にゆだねられている

そういう訳で、フランス版The Voiceの実質KO戦
Audition finale
フロンのチーム
Raffi Arto (曲:Umbrella - Rihanna

リアナをまさかの爆速ブギアレンジ
Bオデで手の内を見せたと思ったら、見せた手の内を使って面白いことをしてきた
前回は選曲がProud Mary だったからピアノ弾き語りで元気に遊ぶのも分かるが
今回はUmbrella をピアノアレンジ、それもブギアレンジして歌うという
意外性の塊のようなことをしてくれた
それだけでも楽しいのに、やっぱり前回同様、楽しく歌ってくれるから
これには視聴者もつられて楽しくなるというもの

ただ、ちょっと前のめりに歌いすぎてる感が否めないよなあ
自分が作ったテンポに追いつくのに必死って感じがする
手元も口元もすごく忙しくて、結果的に歌っているって言う感じがあまりしなくて
音ゲーの譜面を機械的に叩くというか、処理するというか、そういう感じに見えなくもない
感情表現も何もあったもんじゃないって感じがして
そこは個人的にちょっと残念ではあった
やってること自体はすごいことだとは思うが
これは芸であって歌ではない気はする
でもまあ、観客を楽しませるパフォーマンス、エンターテイメントとしては
それなりに完成しているとも思うし、これはこれで良かったとも思う
Bオデ記事

Renata (曲:Carmen - Stromae

これはさすがにフランス語が分からないと
その魅力を受けきることはできないと思う

いや、私がフランス語できるからって全部わかるわけじゃなくて
たぶん、歌詞を変えて自分なりのラップを挟んでいるんだと思うんだよ
変えてるっつっても一部だろうけども

歌唱自体は、Bオデの時より断然よくなっていると思う
パッションのコントロールがすごく上手いというか
こうして見ると、Bオデの時は歌唱がやや不自然だったように思う
元からラップの方が得意なタイプだったのかもしれない
自分の中にあるパッションを、歌にして目の前の人にぶつけるのが得意というか
とても難しいことのはずなんだけど、さらっとやってのけているあたりすごいと思う
Bオデ記事

Morgane (曲:Bang-Bang - Sheila
https://www.youtube.com/watch?v=uB7IM_U4NCs
ある意味3人の中で一番フランス人らしい
気持ちのこもった良い歌唱なんだけど、個人的には一番パッとしなかったとも
ユニークさで言えば最初に歌ったRaffi Artoの方が上だし
感情表現がは二人目のRenata の方が上手いと思ってしまう
というかRenata は普通に歌唱力高い上に説得力があった

選曲的には他の人たちと同じようにぴったりはまっているんだけどね
プラスアルファがあった他二人と比べると、ちょっと弱い
すごく必死に歌っているのは分かるが、技術的にも一歩足りていない感じがした
逆に、バトルラウンドだったら上手く立ち回れそうな歌手のような気もする
Bオデ記事

結果発表
そして、3人が歌い終わった結果フロンが選んだのは
Raffi Arto
ううむ、個人的にはRenataを選びたいところだけど
確かにRaffi Artoはユニークで、競合するような歌手が他にいないからなあ
彼が選ばれるのは分かる気がする
スティールはなし


ザジのチーム
Aurélien (曲:Un homme heureux - William Sheller
https://www.youtube.com/watch?v=jaPdpNdbKZM
10秒のところで確定でバグるな
リボルバー式に次々と歌っていく中で
(コーチコメントなしですぐ次の人が歌う中)
印象に残りやすいかってなったら微妙なラインな気はする
少なくとも、ブラインド状態にして声だけ聴いていると
先に歌ったフロンチーム全員に太刀打ちできないような気はする
それは、決してバラードを歌っているからって言う理由ではなく
(もちろん、それもあるだろうとは思うが)
というかRenata の説得力がすごかったから霞んでしまうだけのような気もするが
でも、ここから成長させていくにしても
これから歌うであろう強者(つわもの)と渡り合えるのか
すごい人は、やっぱり一発でがっつりハートを掴んでくるけど
この人の歌唱にはそれがあまり感じられなかった
下手ってわけじゃないんだけどね
私の好みの問題だろう
Bオデ記事

Alliel (曲:Sing - Ed Sheeran
https://www.youtube.com/watch?v=GPaxK7aJnNk
個人的にここまでで一番評価しないかな(;・ω・)
音程が微妙にズレていることもそうだけど
時々リズム感がおかしい時があって
あまりバックバンドの演奏を聴いているようには聞こえない
自分の中のリズムは持ってるんだろうけど、この曲のリズムじゃないし
観客を乗せようとしているものの、私は乗れないな
スター性のある歌唱が出来ているから
上手いこと鍛えたらカッコいいポップスターにはなれそうだが
今ではないような気がする
机の上に散らかしたものを整理して、もう一度きちんと歌えたらなって思うかな
それを言ったら、さっき通ったRaffi Artoもそうなんだけどね
Bオデ記事

Maëlle (曲:Wicked Game - Chris Isaak

全然次元が違え……
これは違うわ、才能の塊としか思えない
Bオデの時はルーシーからカリスマ性を抜いたって書いたけど、全然そんなことなかった
他とは『違う』ってことをはっきりと見せつけられたような思いだわ
歌唱力の高さもさることながら、何よりも表現力が凄まじく高くて度肝を抜かれる
曲の内容を表現しているというより、場の空気を作る、世界を作るのが上手すぎる
前回と違ってピアノ演奏していないから歌唱に集中できているからかもしれないが
歌に込める想いや力の量と濃さが凝縮されているような歌唱だわ
人によっては、Bオデのが良かった、生放送まで上がってもBオデを越えられなかった
って感想が出てくる人もいるけれど
彼女の場合は、もう断然今回の歌唱の方が良い
それこそ、油絵みたく一つの感情を表現するのに幾重にも想いを重ねているみたい
これを見てしまうと、前者二人は一本調子な歌唱だったと言わざるを得ないな
それほど、多彩な歌唱表現、感情表現だった

そして、驚くべきは
ここまで歌ってきた人たちの中で、最も自然な歌い方をしているって言うこと
練習してきた曲を披露しているって感じが全くないという
その点において言えば、Renata も相当なものだったが
Maëlle の滑らかな歌唱は、声の使い方が本当に自由自在って感じで
それだけでもう歌唱力の高さを感じさせるし
そういう歌い方が出来るからこそ、これだけの表現力が出来て
歌唱に強い説得力を持たせられるんだろうなと思った
今のところトップ歌手ですよ
Bオデ記事

結果発表
ザジの選択はMaëlle
まあ、そりゃそうなるだろうよ
ほんとに一人だけ飛び抜けていたんだもの
そして、フロンがAurélien をスティール
これは、結構以外というか
タイミングがあまりにも早いことと
個人的に今回はそこまでって感じだったんで
というか、これイス入れ替えシステムじゃないよね、たぶん?
入れ替えシステムなら、この早期すぎるスティールも分かるが
フロン、ちょっと先走り過ぎのような気がしないでもない


パスカルのチーム
Rébecca (曲:Si, maman si - France Gall

個人的一押しのレベッカさんです
個人的には前回の曲の方が良かったかな(;・ω・)
不思議なことに、ピアノの椅子に座ったところで
ピアノの横についてるラベル(?)がバス停かなんかのサインに見えて
誰かを待ってる的な表現を一緒に合わせてやってるのかなって思った
(というか結局ピアノ弾かないのか。蓋してあるけども)

それはそれとして、今回の歌唱もすごく良いんだけど
ただ、特筆して「ここがすごかった!」って書けるところもないというか
直前に歌ったMaëlleの印象があまりにも強烈だったって言うのもあるだろうが
どうにも物足りないと思ってしまう歌唱だった
表現してるというか、静かに歌ってるだけに聞こえるというか
Bオデの時は、もっと中森明菜的な、静かながらも高い表現力を持っていただけど
そう、静かなだけじゃなくて綺麗だったんだ
って書くと、今回の歌唱が綺麗じゃないみたいに聞こえるけど
楽曲自体に抑揚があったBオデと比べると、ちょっと単調ではあった
Bオデ記事

Francè (曲:Un autre monde - Téléphone
https://www.youtube.com/watch?v=w0VQ2MQHtRc
すっごい惜しい!!!
この人の歌唱も好きだし選曲も好きなのに、緊張で歌唱がものすごく硬くなっていて
プロ歌手が来たみたいな登場の仕方のわりに
すごく素人っぽいというか、のど自慢というか、カラオケっぽく感じてしまった
特に、曲の盛り上がりや疾走感に対して、彼の歌唱はそこまでハジケてなくて
彼の歌唱と視聴者との間に厚い壁があるように感じてならなかった
壁を取っ払って、バカになって歌わないと歌唱が重すぎる
曲は空へと飛んでいこうとしているのに、彼が一向に飛び出そうとしない感じ
私にはすごくフラストレーションが溜まる歌唱だったな
Bオデ記事

Betty Patural (曲:You are so beautiful - Joe Cocker

いやあ……
選曲に対してこの歌唱はどうなのかな……

まあ、こういう解釈を持って歌うのも良いと思うし
彼女なりの表現って感じで良かったとは思うけども
この曲はもうちょっと丁寧に、優しく扱ってあげて欲しかった
ここまでパワータイプでゴリ押すような曲ではないと思うんだ
これで言ったら、レベッカの方がこの曲を綺麗に歌いこなせそうとも思ったな
Bオデ記事

結果発表
勝者はBetty Patural
えー……マジでー……(;・ω・)
この3人の中で言えば、気に入ってるからってのを抜きにしても
レベッカだったと思うんだけどなあ
とは言え、バトルやライブショーまで行ったとして、他の人たちと渡り合えそうなのは
確かにBetty の方とも思えるが


ミカのチーム
Matthias Piaux (曲:Le baiser - Alain Souchon
https://www.youtube.com/watch?v=4967t5aXcko
印象に残りにくいかもしれないけど
素敵なことに変わりない

小ぎれいすぎるというか、優しすぎるというか
人の脳裏に印象を焼き付けるような歌唱ではなく
いつの間にか頭の片隅に残っているって感じの歌唱で
あっさりしていてしつこくないから、すごく耳になじみやすかったと思う
ノックアウト式のバトルでは、そういう歌唱だと他に潰されかねないところがあるが
これはこれで一つの形として完成していると思った
Bオデ記事

Simon Morin (曲:Believer - Imagine Dragons

Bオデの時にこの曲歌った方が似合うって書いたよ!!
まさかほんとにドンピシャでこの曲が歌われるとは!!

しかし、思ったほどのサビにならなかったな(;・ω・)
元々、この曲はサビでバックボーカルたちによる合唱あってこその曲ではあるが
サビがなんかどうにもわざとらしく聞こえてしまうというか
なんかもっと他にやりようがあったような気がしてならなかった
Bオデでも、Rag'N'Bone Man の Skin を歌うには
ちょっと声が軽いような気がするってコメントをしたけども
全体的に感じるのは、熱量のわりにスカスカに聞こえてしまう歌唱
でもスカスカに聞こえるのは、やっぱりバックボーカルの不在が原因だろう

ちなみにこの人、どっかで見たことがあるなって思ったら
カナダ版The Voice に出場した人だった
歌唱自体は、当時とあまり変わっていないように感じるものの
KONGOS の Come with Me Now を歌った時の方がしっくりくるな
おそらく差は、Skin や Believer は人の曲を歌ってる感じがあまりにも強すぎて
Come with Me Now は完全に曲を自分のものにしているって言う点だろう

ただ、気づく前後どちらにしても
Francè の歌唱がバカになり切れなかったのにフラストレーションを感じたのに対して
Simon の歌唱は最初っからタガが外れていて
そういった意味では気持ちよく見ることができたと思うし
そりゃ評価も高いと思うよ
Bオデ記事

Guillaume (曲:Forteresse - Michel Fugain

これは人を選ぶ歌唱だよなあ(;・ω・)
前回だって、私は合うところと合わないところがあったわけだし
ただ、この3人の中で言えば、圧倒的にこの人がユニークだし
それどころか、他のチームにも似たようなタイプがないと言い切れるあたり
特にミカがコーチともなると一番面白い組み合わせになりそうではある
私は、まあ、まだ様子見かなって言う
割とこれまで私はこういうタイプの人も高く評価してたと思うけどね
(それで言ったら今までならSimonを問答無用で評価したなって言う)
Bオデ記事

結果発表
勝者はGuillaume
Guillaume かあ……
まあ、でもコーチがミカだし、相性的には一番合っていると思う
ミカのセンスとGuillaume のセンスが合わされば、面白いことになりそうだし
あと、私は、色々書いたけど、なんだかんだSimon にはものすごく期待をしていたんだよね
でも、ミカのチームじゃあないよなあって言うのがすごく強くて
むしろザジのチームにいた方が上手くいっていたように思うんだ


ザジのチーム
Luca (曲:I put a spell on you - Screamin' Jay Hawkins

歌詞飛んだ中でここまでやり切ったのは偉いわ
最後まで歌い切ったのも素晴らしいが
何度も諦めずに立ち向かおうとする精神も素晴らしかった

しかも、やけくそになってるように見えて
ちゃんと立ち直ったあたり、ガッツがあって良かったよ
これは頑張ったわ
Bオデ記事

Anto (曲:Message personnel - Françoise Hardy
https://www.youtube.com/watch?v=PrlXsd1xZ-Y
どうしても印象が薄いと思ってしまうよなあ(;・ω・)
基本的に今のところ
フランス版で「なんでBオデ通ったの?」って人はいなくて
この人もそういう歌手ではあるんだけど
ただ、コーチコメントなしでどんどん次の人が歌っていく中で
歌唱的にもハプニング的にも、Luca の後だとどうしても印象が薄くなってしまう
Maëlle みたいに表現力が高ければ話は別なんだけど
この段階ではどうしても、他に似たようなタイプがいると思ってしまうかな
Bオデ記事

Édouard Édouard (曲:Et moi, et moi, et moi - Jacques Dutronc

Simonをザジチームに入れて
この人をミカチームに入れる方が良い気がするwww

そういえばLuca が歌ったI put a spell on you の仏語版をBオデで歌ってるんだよね
しかも、歌唱スタイルがLuca と近しいところがあるという
それだけに、ちゃんと自分の歌唱をコントロールできているÉdouard の方が
Lucaよりもランクが上の歌手って感じに見えてくるね
歌唱センスでもÉdouard の方が遥かに上を言っていると思うし
どっちも自分のものにした歌唱で歌ってはいるが
Édouard はより自然というか、彼のスタイルとして完全に定着しているように見える
LucaもBオデの事があるから、落ち着いて歌えば上手いはずなんだけど
選曲に無理やり今の歌い方を盛り込むような形になるのに対して
Édouard は自然と今のスタイルでカバーしてしまうって言う感じになるんだと思う

私が選ぶとしたらやっぱりÉdouard だろうな
Bオデの時点ではそこkまで評価はしていなかったものの
この3人の中どころか、今回の中で言っても特別ユニークだし
熟練度の差が圧倒的に開いていると思うから
Bオデ記事

結果発表
勝者はÉdouard Édouard
まあ、そりゃそうだろうな
ユニークなだけじゃなくて、一番上手く歌えていたもの
誰から見ても結果が明らかなほどの実力者だった
ただ、個人的にはLuca をスティールしても良かったと思うんだ
彼をここで敗退させるのは惜しいと思うんだよね


ミカのチーム
Assia (曲:Pour me comprendre - Véronique Sanson
https://www.youtube.com/watch?v=Ivsl2W6UeCM
シンプルにBオデの方が良かったな(;・ω・)
別にないんかがどう悪くなっているってわけでもないんだけど
もはやノックアウトの魔の力みたいなのが働いている気がする
毎週のオーディションが13~14人ずつだったのもあって
人数が増えた総勢21名分を1回で見るってなると
本当に突出していないとピックアップしづらい
それは例え3人1枠ずつで見ていたとしても、他の枠で強烈に印象に残る人がいたなら
やっぱりそういう人たちと比べてしまうんだ
それは別にÉdouard Édouardみたいに奇抜なれってわけでなく
でも、今回のAssia レベルなら、歌唱力関係なく、どうしても埋もれてしまうと思うんだよね
Bオデ記事

Nicolay Sanson (曲:La bonne étoile - M
https://www.youtube.com/watch?v=RFhpmu5cqgc
クッソ惜しい
他の人たちとは違うセンスを持っているんだ
俺だけを見て欲しい
そういう意思表示がすごく上手くて伝わってくるが
いかんせん、歌唱力がちょっと弱い
だんだん歌い方がただ単にめちゃくちゃになってるだけになって
奇抜とかユニークと改善の問題になっていくのも厳しいし
結局、何かが始まる前に終わってしまった感がすごく強いという
Bオデ記事

Frédéric Longbois (曲:L’Aigle noir - Barbara

Bオデと同じことやってる!!
……っと思ったら全然違うことしやがった!!!

Bオデの武器をそのまま持ってくる人
Bオデで受けたところをそのまま持ってくる人が多い中で
あえて明るい曲ではなく、ダイナミックバラードに挑むっている
チャレンジャーすぎるけど、そういうことをやってこそだと思うわ
これは大正解ですよ
もちろん、Bオデと同じジャンルでやって通ってる人ばかりだし
通らずとも焼き増しになってる人も多かったけども
Bオデで評価されたポイントではないところを評価してもらおうとする姿勢が良かった
そもそも、みんな単一ジャンルで勝負しすぎていたんだ
いや、ここは堅実に戦ってこそだって言うのも、もちろん分かる
ここを通った後はコーチが曲を決めるわけだし

ちなみにフレデリック
リハーサル中にミカにガチで怒られたという
参考動画としておけるコーチング中の単発動画なりが見つからなかったけど
今回の歌唱の最後、余韻を残すような終わり方をしているよね
あそこをリハの時に、右手を伸ばして、ティロリロリンって口でセルフSEつけて指動かして
そんな感じでふざけたりとかしてたんだけど(Bオデの時のお調子具合)
スタッフには受けたものの、それ見たミカが激怒して叱りに行くという
仏語分からないから空気とボディランゲージだけで言ってるから
全く持って正確性に欠ける説明ではあるが
なんにしても、ミカって結構子供っぽく見えて、お調子者っぽいキャラに見えて
昨年のマットみたいな若いタイプの人ともザジともじゃれあえる一方で
後輩の育成になるとものすごく厳しくて、たぶん、一番の鬼コーチだと思う
ゆえにミカのチームは、単にセンスだけで勝負せず
実力ありきで戦う人が多いんだろうけどね

そして、そんなミカのコーチングを受けたフレデリックだからこそ
この曲を真剣に最後まで歌い切ったんだと思うし
それゆえに、綺麗な歌唱を完璧にやって見せたんだと思う
Bオデ記事

結果発表
勝者はFrédéric Longbois
ミカの手が入ったとはいえ
私もフレデリックがこの3人の中では一番だと思う
大きな括りで言えば、3人とも同じタイプではあるだろう
でも、フレデリックはこっから先も色んなことができることを示した分
相当強いと思う


パスカルのチーム
JAT (曲:Issues - Julia Michaels

トリオだって言うのが強すぎて
シンプルに今回一番見ていて楽しかったな

音を外すことがちょくちょくあって、ミカみたいにすごく慎重に見てしまったが
ノックアウト式のラウンドにおいては、トリオってだけでもう目立つから強いわ
原曲に対するアレンジも新鮮味があって楽しいし
あっという間に終わってしまって、もう少し続きを見たいとも思わされたな
他のアレンジも見たいと思わせる魅力があるし

ただ、やっぱりちょっと合わせの不安定さ
一人一人が緊張しすぎて歌唱がブレているところが気になったな
あれが安定すれば、とも思うが
バトルラウンドまでに解消されているだろうか
Bオデ記事

Mélody (曲:J’en suis là - Slimane
https://www.youtube.com/watch?v=HJ8Uf_t0gTw
Oh,,,
Bオデ記事

Queen Clairie (曲:Bachelorette - Björk
https://www.youtube.com/watch?v=K-DpRGJGMPY
これは正直判断に困るが
そこまでいいとも思えない

選曲が悪いよなあ
ビョークの曲を歌える人とかそうそういないだろ
Bオデの時点で特殊なことはしていたけども
クラスの中で邪気眼発動させてる人と
ガチで頭のネジが2、3本ぶっ飛んでる人との差が出てしまってる
Bオデと今回の歌唱を合わせて考えても
この人は奇抜なことこそしているものの
秀才だよ、どっちかって言うと
特殊なことをすることに関しては上手い
でも特殊な人ではないと思う
Bオデ記事

結果発表
勝者はJAT
まあ、そりゃそうだろ
3組の中で一番まともに歌えていたわけだし

しかし、ミカとザジがQueen Clairie をスティールして
結果、ミカのチームに
大丈夫かこれ?(;・ω・)
たぶん、イス入れ替え制度じゃないよね?(;・ω・)
ウクヴォみたいにそういうシーンがあったわけじゃないし
現に全然スティールされていないし
これでまだ、1チーム2席あるってんならいいけど
あと2席しかないのに押しが敗退しかけるなんてことなったら最悪だぞ
というか埋まった後だとなおの事やばいぞ


全体の感想
はい、ということで
今年はリトアニア版The Voice と同じく
先にノックアウトラウンドをやった上で
その後バトルラウンドをするようですね
一応、wikipeida上では
オーディション・フィナーレの後に
Les Duels = バトルラウンド があって
その後、Les primes = 生放送 があるようなので
完全に入れ替えたようで(名前だけ変えて)
ただ、リトアニアのThe Voice を見たときも思ったけど
むしろノックアウトを先にやった後の方が
ある程度、精練されたバトルが期待できるからね
こっちの方がバトルラウンド好きとしては楽しみになるし
ノックアウトラウンドの存在意義もより強くなるような気がする

そして、気になっていたパスカルのコーチングについてだけど
パスカルは、若干出場者に自分のやり方を押し付けてそうなところはあった
歌唱、よりも形から入るというか、演出っぽいところに少し強いこだわりがあったような
こうしたらいいんじゃない? なコーチたちと違って
こういう演出で行こう、的な
いや、実際のところ分からん
もしれないけど、素敵なことに変わりフランス語が分からんから(;^ω^)
ただ、ミカが叱るときとはちょっと違う感じがしたし
演出にこだわり過ぎたから、Mélody はこけてしまったんじゃないだろうか
ザジは結構メンタル面も鍛えてくれると思うから
Luca はこけながらも、決して膝に土をつけることなく踏ん張って立ち直ったし

まあ、まだ分からないけどね
でも、今のところパスカルチームはちょっと選曲ミスも
アレンジミスというか、演出ミスが多いような気はした
他のチームだとBオデより良くなったって言う人がいる中で
パスカルチームはBオデの方が良かったって言う感想が多い気がする
まあ、そんなこんなで次回も見ていきましょうぞ



>>次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5717.html
<<前
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5708.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5588.html

公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQRELbX0H5FCokIFxOAsHFA/featured


関連記事
TheVoiceフランスフランスオーディション・フィナーレ不死鳥

2Comments

通り酢ガリ  

ほうほうほう

オーディションフィナーレという名のKOラウンドですか、ちょっと意表を突かれたな(;^ω^)

選曲がコーチではなく本人にやらせてるところはまぁオーディションだけど(;^ω^)

でも元々のKOラウンドって選曲本人なのよね(;^ω^)

ついでにいうと元祖仕様はバトルとKOとどっちもスティールあるんですよ奥さん(クズもんた風)

あとJATの動画が差し替えられてるのよね、フランス版ほんと差し替え好きだな(;^ω^)


Maëlle

こりゃ参った(;・ω・)

この曲もヴォイスにおける定番になりつつあるけど

確実に過去の英雄の仲間入りするレベル、いや下手したら過去最高レベルかもしんない(;・ω・)

歌唱力・表現力ともにぶっちぎりで高くてかつエモーショナル歌唱をしつつもそれ以上の表現を織り交ぜてきてるあたり脱帽ですわ(;・ω・)

今回分どころか、歌唱単体でみたら間違いなく決勝級ですわ、これが通らなかったらマジでありえねぇ(;・ω・)

Betty Patural

シーラPのコメントもわからんでもないけど、レベッカちゃんとどっちにするかといったら彼女通しますわな。ちょっとレベッカちゃんの歌唱が小綺麗にまとめすぎてたのあるし(;・ω・)

それを抜きにしても単純な歌唱力でも彼女のほうが上だったと思うし。けどBオデが強烈なインパクトがあった分だけ印象に欠けるかなぁ

Simon Morin

カナダ版出場者って(;゙゚'ω゚')

なんで気がつかなかったあああぁぁぁ(;゙゚'ω゚')

あぁでもたしかにカナダ出場時に比べて曲を自分のものにできてないってのわかるかも(;・ω・)

なんか曲と歌唱の間に違和感があるんだよねぇ(;・ω・)

ミスしてるわけじゃないし、無理な歌いかたとかしてるわけでもないのに、合ってない感じが(;・ω・)

そういう見方からしたらあるいは選曲ミスといえなくもないのかも(;・ω・)

Frédéric Longbois

あらあらあら、Bオデと同じのようで同じじゃないとか。いや、選曲や歌唱自体はBオデからなんら方向性を変えてないはずなのに、流れを変えるだけでえらい変わりましたな

でもこれはミカが怒ったのが正しかったといえるかも

ミカチューっていざ指導に入ると何気にスパルタだよねー(;^ω^)

Queen Clairie

あぁ~(;^ω^)選曲ミスかぁ…、いや選曲ミスだろうなぁ~(;^ω^)

ビョークの曲はプロアマ問わずにカバーされる機会が少ないけど無理ないよね

だってオリジナルがあまりに特殊性が高すぎる(;^ω^)

それゆえ好き嫌いや評価がつねに割れるともいえるけど裏を返せばそれだけ他とは違うということ

そのビョークの選曲をしたこと自体は認めるけどこれは失敗だったかなぁ…

歌唱が悪いとは思わないし、むしろかなり健闘していると思うけど

いかんせん本家には遠く及ばないし、本家とは違う表現ができたわけでもなかったよねぇ(´・ω・`)


今回分じゃMaëlleが完全にぶっちぎてましたわ

冗談抜きに歌唱も表現も段違いのレベルだと思う(;`・ω・)

とはいえ残りの人達にBオデで印象強かった人達がかなりいるから次回がどうなることやらやら( ・`ω・´)

2018/03/24 (Sat) 20:57 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: ほうほうほう

> 通り酢ガリさん
意表突かれまくりですよwww
> ついでにいうと元祖仕様はバトルとKOとどっちもスティールあるんですよ奥さん(クズもんた風)
そういえばリトアニアの時も通り酢ガリさん言ってましたね(言われて思い出した

> あとJATの動画が差し替えられてるのよね、フランス版ほんと差し替え好きだな(;^ω^)
もおおおおおおおwwwwww
フランス差し替え多すぎいいいいいいwwwwwww
報告ありがとうございます! めっちゃ助かりますわ!!

> Maëlle
タイプ的にはベルギーのLuka に近いものがあるけど
ルカの歌唱をさらにシャープにさせたみたいなところあるし
ほんとエモーショナルさで今もうぶっちぎってますからね
私も決勝級って言うコメントに前面同意するし
これでライブショーいかなかったらおかしいという

> Betty Patural
これはきっと通り酢ガリさんならベティの方を選ぶなって思ってたwwww

> Simon Morin
私はともかく、通り酢ガリさんなら気づいてると思ってたwww
いや、Bオデで結局コメントされてないですけども
> ミスしてるわけじゃないし、無理な歌いかたとかしてるわけでもないのに、合ってない感じが(;・ω・)
そうなんですよねえ~~~~
でもBオデの時点ではこの曲が合うと思っていたから
でも選曲ミスっぽいしなあアっていう

> Queen Clairie
本家と違う表現が出来たら違ったと思いますよね
ロック曲をあえてジャズにするみたいに
あえて全く違うジャンルにしてみても良かったはず
というか、本家聞いてみたら、だいぶ本家に寄った歌い方してるんですよね
そりゃ本家と比べてしまうわって言う

さて、次回ほんとどうなることか
そして調べたら、オーディション・フィナーレは全3回という長さ
どっちに誰が来るのか気になるところですね

2018/03/25 (Sun) 11:13 | EDIT | REPLY |   

Add your comment