今後のブログのアップロードの仕方や雑談など

今後しばらくの記事のアップ状況について
今、すごく変な記事のアップの仕方をしているよね
土日以外の平日は、大体いつも22時~23時頃に半分書き上げたものを一旦アップして
25時~26時頃に完成させて再度投稿する(Twitterの告知はこの段階のみ)って言う
先行公開するなどと供述しながら変な投稿の仕方をしている日がもうずっと続いている

書いてる内容の文章量が増えてるって言うのも、もちろんあるけども
それ以上に、単に体力が追いつかず、記事を上げるまでの執筆スピードが落ちてるんだ
仕事から帰ってきてから記事を書き始めて、20時~24時までの4時間程度じゃ
なんかもう、記事を書ききれる気がしなくなってきているんだよね

んで、じゃあ無理して深夜2時とかまで書かかないで
翌日の20時ごろにアップできるようにすればいいじゃん
って思うかもしれないけど、それじゃあダメなんだ

記事が用意できていて、アップが完了したら
その瞬間から「今日はアップしたからもう終わり☆」
つって、それ以上記事を書こうとしないんだこの男

それから、じゃあ記事のアップはいつも24~26時までの間になるとして
中途半端に半分しか書きあがってない記事をアップする必要があるのかって話だけど
別に、アクセス数を稼ぐために2回に分けているわけじゃなく
アップした日付が翌日に回ってしまうと、気分的にそれはもう翌日の記事なので
「前日は間に合わなかったけど今日はアップしたからもう終わり☆」になるんだ

逆に言えば、20時~26時までの6時間もあれば、記事が一本書きあがるわけで
そういう書き方を、しばらくは基本のスタイルにしていこうかなって思うのです
という言い訳です

余談だけど、そういう書き方をしているため
もし土日祝日の記事のアップが20時ごろまでに上がらなければ
日中は何か他にやらざるを得ないことが起こって記事が書けていないと言うことなので


お動画を作りたいという話

ゲーム実況やラジオ動画じゃなくて、リアクション動画を撮りたい気持ちが強い
どういうものか分からない人の為に書いておくと
例えばBGTの動画を視聴している最中の、私の様子をカメラで撮影して
1時間番組なら、その時間の分だけカット編集を入れずにそのままアップするって言うこと
(この場合、見ている動画の音声や映像は映らないようにする必要がある)
別に、実写である必要がなく(エンコード重くなるだろうし)音声のみにしてもいいし
とにかく、番組一本に対して記事を一切書かず、映像見るだけの動画を作りたい
んで、これは、今に始まったことじゃなく、前々から稀に言ってることなんだね

記事を一本書くのに6時間もかかってしまうのなら
番組1時間視聴してコメントするだけの動画を作ればいいじゃない
たぶん、動画の編集時間を考えると、6時間じゃすまないような気がするが
ゲーム実況動画やラジオ動画を作ってたことがある上での体感で言うと
カット編集しない、一発撮りで1時間番組を見るだけの動画をそのまま無編集で上げれば
エンコードの時間やアップロードにかかる時間を除くと3時間ぐらいでいけるのでは?
(どの道、音声と映像は別収録にしたいから、そのエンコードには時間がかかるけど)
と言うか、それ以前に普通にお話がしたいし、声を出したい、さびしい

私はニコニコ動画で稀に、アニメを視聴してる海外の反応シリーズ見てて

ああいう動画って、みんなで一緒に同じ番組を見ている気分になれるから楽しいし
内容に関わらず、雑多に色んなアニメをみんなと見て楽しめるから良いんだよね
しかも、ニコ動ならコメントが流れるから、それでさらにみんなと楽しんでる感が強くなるし
ポプテピピックとか、みんなと一緒に見るの楽しかったよ
中に、ただその場その場で反応するだけじゃなく、深い考察をしながら見てる人とかいて
そういうのをやりたいんだ
見る側みんなにも、私と一緒に同じ番組を見ている気分を味わって欲しい

やるとするなら、単発の動画を見ていくのではなく(編集が大変なので
番組全部を公式的に見ることの出来るものに限るっていう形でやりたいなあ
VPNを使ってあらゆる国の番組をFULL動画で見る、とかじゃなくて
特殊な設定とかをしないで、みんながすぐにアクセスできて一緒に見られるようなのが良い
(ってなると、イギリスのiTVが放送してる番組全般、動画作らないって事だけど)
誰でも簡単にアクセスできるYouTubeに上げて、見やすくした上でやりたい
極端な話、それでアップされた私の動画を丸々ダウンロードしてしまっていいから
ストリーミングで二つの動画を再生するより安定するでしょ

一応、単発動画をまとめて見ようと思えば、出来なくもない
私がYouTubeで再生リストを作って、それと一緒に見ていけばいいわけだから
でも、画面が切り替わるたびのロードは、環境差が大きく出てズレていくだろうし
以前、一度はチャレンジしたことがあるのと
私と同じ発想でリアクション動画を創ってる人もいたから
ゼロからやり方を考えるよりかは、ある程度、出来そうな気はするが


リアクション動画に限らず、動画は撮らなきゃなって思ってる
それこそラジオ動画なり、ゲーム実況動画なり、あるいはYouTuberまがいの事でも
何でもいいから、動画コンテンツは強化していかなきゃいけないだろうなと思ってる
思うだけなので実際にやるかどうかは別だしリアクション動画もたぶん撮らないけど

仕事柄、色んな会社のHPを拝見させていただくことがあるんだけど
小さい企業でもYouTubeにチャンネルを作って、社員紹介をしたり、会社紹介をしたり
そういうのを業者に頼らずに作ってるところとか、ちょいちょい見ることがあって
特に、社長自身がYouTuberっぽい感じで自分自身をキャラクターとして売ってたり
例えば、野菜農園だかを作ってるところをVlog的(動画日記)にアップしたり
時代だな~、と思いつつ、そう言うのをやった方が良いような気がしてくるんだよね
ちょっとした危機感と言うかなんと言うか

そんで、キャラクターを売るって言うのが、またかなり重要だと思うんだ
書いてる人をイメージしやすい方が、みんな読みやすいだろ、たぶん
親しみやすさにもかなり影響を与えてくるんじゃないかな

ともかくとして、今日日、若い子達は動画コンテンツを一番楽しんでるだろうし
文字媒体よりも目と耳で得られる情報の方が楽しみやすかろう、って思うんだよね
YouTube上にアップするなら、それだけでアクセスする側はお手軽なわけだし
今のYouTubeって、前回まで見たところから再生される機能もあるから
極端な話、1時間でも2時間の動画でも、アップしても問題ないだろうからなあ
(私は記事を書く都合上、再生開始位置がアドレスに入るのがイヤだから切ってるけど

文字媒体での情報、特にうちのブログを見ていくってなると
たぶん、読む人は「さあ読むぞ」って腰をすえて読んでるだろうと思う
動画のレビュー記事が圧倒的多数だから、結局動画と見ながらって人も多いにしても
それも含めて、読むって言う意気込みを持ってから望んでる人の方が多そう?
動画なら、そこまでしっかりと見る必要がないというか
ながら見で十分であったり、画面を見なくてもラジオ感覚で楽しめるじゃない、ある程度は
その割りに、声色や表情や、文字じゃ伝えられない情報がかなり多いから楽しめる気がする
でも文字は、読まなきゃいけないから、自分の中のリソース全部持っていかれるからね

この辺りは、実際私がTwitch でフォローしてる配信者の動画を
ただただ横で流し続けるだけにして、記事の編集してたりするからね
流石にレビュー中は見ないけども、動画の埋め込みの準備とかであれば
それこそ、3時間~4時間ゲームしてる動画を、ラジオ感覚でずっと横で流してることが多い

ただ、動画を見ることが出来るのって、状況次第って言うところがデカいからなあ
文字を読むのに関しては、ほとんどどんな状況でも見ようと思えば見れるのに対して
動画を視聴する、イヤホンを使うって、タイミングが絞られてくるわけじゃない
そういった意味では、うちはブログだからこその強みを持ってるとは言えるけども

まあ、だからと言ってYouTuber だのVTuber だのになる気はないんだけどね
時間ないじゃん……、だって……
時間があったとしてもやらないけども
ゲーム実況者にはなりたいけども(積みゲーを消化したい

関連記事

0Comments

Add your comment