Pitch Battle エピソード6 ファイナルバトル

BBCの音楽バトル神番組『ピッチバトル』
決勝戦です!!!!
ここ最近見た番組の中で
圧倒的に面白いこの番組も
ついに最終回です

正直終わってほしくないが

見届けよう!
最終戦!!


まずは恒例のマッシュアップメドレーから

All The Kings Men
Sgarmes
Portsmouth University Gospel Choir
Leeds Contemporary Singers
ScotSoul
Tring Park 16

……微妙にみんな音外し気味?
ちょっと判別つかないので誰か(;^ω^)
でも開幕のAll The Kings Menは外してるよね
みんな力み過ぎてる感じがあったように思うが
ScotSoul もちょっと安定してないというか
まあ、でも楽しいので良しとしよう

ということで
ワイルドカード枠で復帰した最後のグループは
Sgarmes に決定していたというわけですね

ファイナルでの進行は
これまでと同じように
そのグループを紹介する歌唱 → Riff Off
で最終決戦に勝ち上がれる人を決めるみたいです

ただし、今回はソロバトルがない代わりに
伴奏無しのアカペラバトルを経て

ではまずは最初の二組から見ていきましょう

Scot Soul with Chaka Khan (曲:I'm Every Woman

オープニングではちょっと声が細すぎて死にかけていたが
とても安定した歌唱で来ているし
曲に合った歌い方ができていると思う
というかこの曲自体
グループでやるのにすごく合ってるよね


超大御所、チャカ・カーンが参戦してからは
正直に申しますと、「あれ? 微妙?」って思ってしまった
大御所に失礼極まりないがwww

だけどラスト辺りが凄まじいな
チャカが参加してからは、Scot Soul はバックコーラスになって
チャカを引き立てるような構成になった
チャカ・カーン的には、すごく歌いやすかったんじゃないかな
聞いてる感じ、そう思わせるほどに相性が良さそうに見えたから


対戦相手は

Tring Park 16 with Nick Jonas (曲:Remember I Told You

完全にバックコーラス兼バックダンサーに徹してると思いきや
ソリスト・ケイトリンとのデュエットに持ち込むという

ケイトリン参加前後で全体の色合いがだいぶ変わっていて
それまでは、男女バックコーラスがいたというのに
むしろケイトリンが参加してからの方が
全体の構成、音に立体感が生まれたように思う

プロの格的には
比べるまでもなくチャカ・カーンではあるが
グループパフォーマンスとして見たら
こちらの方が面白いか?

これは分からなくなってきたな(;^ω^)

では、ここらはプロとのコラボではなく
出場者たち自身でバトルラウンド

Riff Off
テーマは『Believe』

めっちゃ接戦やんけ
Scots Soul の1曲目は、似合ってるし、安定して歌えてるんだけど、
ちょっと弱いか?www(;^ω^)
って思って見ていた
だけど、このグループの強みって、
やっぱり一人一人がソロで歌えるところにあるよね
で、少人数は大人数に対して勢いで負けがちになるけど
負けないポイントはどこかってなると
音が引き締まるんだよね
必要な音が聞こえやすいというか
女性ソリストがちょっと音外し気味になったけど
家族での参加だけあって、カチッとハマった上手さがある

Tring Park 16 はそうなると
音が全体的に大きく広がっている感じがする
巨大ハートのコリオグラフで魅せに来たり
ジャッジ席に突撃したり
横の階段を効果的に使ったりと
全体的に工夫してるのはTring Park 16かな
人数が多いから、ソリストが誰か分かるようにしてるようにも見える
しかし、やはり迫力があるのはTring Park 16か


そして、勝者は
Scots Soul

ううむ、そっかあ……
これは本当に接戦だったから
どちらが勝ってもおかしくなかった
Scots Soulはちょっと音外したところあったから
そこ気になっていたけど
まあ、確かに、技術的にはこちらが上か


では、次の二組を見ていきましょう

Portsmouth University Gospel Choir with Seal
(曲:I Still Haven't Found What I'm Looking For - U2

意外過ぎる選曲wwww
これ完全にSealのワンマンショーになってるwww
声量すごい女性いるけど
関係なく、もはやSealのゲストパフォーマンスだわwww
若干、別にSealと歌うのPortsmouth University Gospel Choir でなくてもいいよね?
って思ってしまうがwww

逆に言えば、それだけ完璧にバックコーラスをこなしているということでもあるよね
ソリストが引き立つように、全体で一つとして動けている
それだけの技術力があるってことか

対戦相手は
All the King's Men with Bebe Rexha (曲:The Way I Are (Dance With Somebody)

あ、相性悪……っwww(;^ω^)
なんか、それぞれ別の場所で音声を収録して
無理やりくっつけたみたいな感じに聞こえる(;^ω^)
歌い出しのBebeちょっとヤバかったし(;^ω^)

All the King's Menのギミックパフォーマンスは面白かった
前回の予選同様、プラスαの部分がとても面白い
ただ、バックトラックにも合ってないよね
めちゃくちゃに聞こえるわ(;・ω・)


で、では、
Riff Off
テーマは『Crazy』

馬力の違うPUGCと
楽しいATKM

途中までは
PUGCの方が歌唱力高いから評価してた
やっぱり、正統派コーラス隊って感じで
全体的に歌唱力も高く、安定していて
安心して見ていられるからね

一方で、ATKMは人数の少なさを色んな方法でカバーしている
ぶっちゃけ、最初のLive While We're Young は大して面白くなかった
というか、普通に上手くないと思ったもの
だけど、トランペットと低音の二人は、どのチームにもない
彼ら独自のパフォーマンスだろうと思うし
ラストのBeyonce の Crazy In Loveの楽しさも
彼らならではのものだとも思う
ほんと、毎回まったく予想しえない方法で魅せに来てくれるよ、彼らは

次も安定して戦えそうなのはPUGC
だけど、次の選曲も見てみたいと思うのはATKMだと思う


そして、勝者は
All the King's Men

よしっ
と思いつつも
でもはたして次安定して戦えるのだろうかwww
そこも楽しみにしておこう

ともかく、今は最後の二組



Leeds Contemporary Singers with Will Young (曲:Your Game - Will Young

……(;・ω・)

これどうなんだ?(;・ω・)

上手いのか上手くないのか分からんのだが(;・ω・)

思わず3回見直してしまったw
単に私の好みじゃなかったってだけかもしれんが(;^ω^)
たぶん、曲がこういうアカペラコーラス向きではなかったってことか
Will Young本人はさすがプロって感じの歌唱だったけどね

いや、だって
Leedの、前回までの活躍具合凄まじかったわけじゃん
ソロバトルで大活躍したベッキーとか良かったし
今回あんまり目立ってないけど
まあ、一応全員目立って入るか……
ううむ……


Sgarmes with Jermaine Jackson (曲:I'll Be There - Jackson 5

ワイルドカード枠で復活
ソリストの女性の
Kedmaがめちゃくちゃうめえwwww

しかもコラボするのはマイケル・ジャクソンの兄
Jermaine Jackson

今のところ
出場者たちの歌唱とプロと組み合わせが
一番完璧だったと思うし

見てて一番気持ちが良かった

すごいな
とてもコラボとは思えない
長年、このグループでやってきたようにさえ思えるわ

いやこれは素晴らしいは
ぶっちゃけRiff Off 含めて決勝戦ここまでで一番良かった

これはもう、次のラウンドに勝ち上がるのはSgarmes確定か
ちなみに、ジャクソンの名があまりにも大きすぎて
歌い終わった後でSgarmesのグループが感極まるという事態になったとか


Riff Off
テーマは『Royalty』

イントロ何事!?!?:(;゙゚'ω゚'):
LCSは海賊船にでも乗ってたのか?

と思ったら
Sgarmesもぶっ飛んでる:(;゙゚'ω゚'):

というかどっちもすごいな(;・ω・)
さっきまでのRiff Off はいったい何だったのか


個人的にはSgarmesを応援したいところだけど
男性ソリストがやらかした感があるのが気になるところ……(;・ω・)
LCSはすごい難しい音の出し方をしていても基本的に音を外すことがないよね
最初の変な声だってそうだし、ラストで帽子の黒人男性が歌うところ
ハイトーンボイスで一番難しいところを歌っているんだけど
出来てるんだよなあ、ピッチコントロール
声質の違う人たちが集まって一つのハーモニーを奏でてるように見えるし
音がシュッとしてるんだよね
絶対そこが強みだとも思う

Sgarmesはと言うと
全体のレベルは高いんだけど
やっぱどこかで
女性ソリストのKedma頼りなところがある
彼女さえ歌えば場を巻き返せるけど
さもなくば……
って言うようなところか

そして、勝者は3人のジャッジ満場一致で
Leeds Contemporary Singers

Riff Off 前だと圧倒的にSgarmesだったが
これは確かにLeeds Contemporary Singersだな



さて
これで残りのグループは半数まで減って3組

先週までは、この後はソロバトルでしたが
今回はアカペラバトル
このラウンドで勝ち上がれるのは2組
どの2組が勝ち上がれるのか

ぶっちゃけ
ここまで残ってる3組全員好きだからなあ


アカペラバトル
Scot Soul

素晴らしすぎだろ
ソリストのNatalie
上手い上手い思っていたが
やっぱうまいな
押すべきところは押して
押さえるべきところは押さえて
そして、本当に美しく歌っていたと思う

それと、少人数の男女混声合唱である利点を
最大限生かした歌唱になってるようね
人数が少ないながら、必要最小限の音数になっているから
音がこもることがなく、しゃきっとしてる
んで、Natalieの歌声がメインになっているのはもちろんそうなんだけど
コーラスに回った4人の歌声もしっかりと聞けるようになっている
しっかりと聞けるけども、Natalieの邪魔にならないように
Natalieの歌声がより美しく聞こえるように
そう言う構成になっているんだね

これは最終決戦進出間違いなしだろ


All the King's Men

やっぱ面白いことしてくれるな
All the King's Men
もう立ち位置からしておかしいが
イントロもなんか普通じゃない


やっぱいいなこのグループ
前回の予選の時点で独特の感性を持って
絶対、素直なアレンジでは戦わないようなグループではあったが
選曲センスと、それに対するアレンジセンスがずば抜けてると思うわ
実力的には、おそらく残ったメンバーの中では下の方なのかもしれないけど
+αの部分があまりにも良すぎて、聞いててテンションが上がるわ


Leeds Contemporary Singers

Scot Soulではできない
人数が多いからこその音の多さと深さ
All the King's Menではできない
男女混成による音の立体感

これは間違いなくこの3組の中で一番だぞ

男性ソロから始めて
流れるように女性3人メインに切り替えて
また男性ソロに戻り
今度は女性ソロ→全体
男女を切り替えて、男性メインと女性メインが同時に存在する構成へ
と、目まぐるしく構成が変わっていって
絶対に見てる人を飽きさせない構造になっている

これは素晴らしいわ

Scot Soul はほぼソリストパフォ
All the King's Men は男性のみ
で、ある意味二組とも、一つの音で勝負していたが

Leeds は男女混成であることを
これ以上ないぐらい完璧に利点にして歌い切った

いやほんと素晴らしかった
感服仕ったよ


そして、最終決戦に勝ち上がれる2組が発表された
その二組は
All the King's Men
Leeds Contemporary Singers

うむ
Scot Soul もすごく良かったんだけど
そうだな
次も見たいのは、やっぱこの二組だよ


最終決戦

曲:Rolling in the Deep - Adele

すごすぎてコメントできねえよ!!!!wwwwwwwwwww
これ本気ですごい
どっちも本気で歌ってて
てか選曲が素晴らしすぎる
ラストバトル感半端ないwwwww


マジでこれ最終決戦だわ
ガチで全力で殴り合ってるわ

歌唱は全く対極の歌唱になっているよね
これまで色んな人がソリストをやってきていたLeedは
ここに来て、あえてソリストを一人に絞って
その人が全員を引っ張りつつ全力で殴り込み
そしてメンバー全員は全員で彼女に力を送り込むような
まるで元気玉状態

対してキングスメンは
ソリストを入れ替えつつ
全員で力を合わせて一緒にラスボスに立ち向かう
RPGの主人公たちみたいに見える


結果発表



これはどっちも良かったよ
選べねえよ

やっぱり、
どっちもここに来るまでに愛着がわいちゃってるのもあるけど
本当に魅せてくれてたわけじゃない

どっちが勝ってもおかしくないほどのものを
この道のりの中で魅せてくれていたけども
特に、ラストバトルは良かった

ここ最近見た番組の中で

圧倒的に一番楽しかった瞬間だったよ


大抵の場合
私は(時間が惜しいから)動画を見ながら記事を書くんだけど
こと今回のラストバトルに関しては
もう画面から目が離せなかった

本気で楽しめたからね


ということで
優勝はLeed Contemporary Singers
おめでとうございます!


ああ
いやほんと
もう同じことしか言ってないけど
マジで面白かったわ

正直、BBCがやってた別のオリジナルオーディション番組
Let It Shineよりはるかに面白かったしwwwwwwww

ラストバトルの楽しさは
ここ最近見た番組の中で
トップですよ
瞬間最大風速Eurovisionやウクライナ版The Voice 2017 超えたかもしれない
The Voiceのバトルも目じゃないバトル感
RPGのラストバトルっぽさがマジで面白かったもの

これはもう、ぜひまたやってほしいよ
この番組
観始めた頃と比べてラストのこのどっぷりハマってる感じwwwww

ということで
BBCにはまたPitch Battleを放送してもらうか
あるいは、また独自の音楽番組を放送してもらうかを期待しつつ
ここで締めよう

マジで楽しかった




<<前
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5012.html

もくじ
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4954.html

公式サイト
http://www.bbc.co.uk/programmes/b08w8gmh
関連記事
PitchBattle歌唱対決歌番組BBC決勝戦

2Comments

通り酢ガリ  

(*’ω’ノノ゙☆パチパチパチパチ

いやぁ、マジ面白かったわこの番組

BGTとXという二大看板に加え、今年からはヴォイスもiTVに移行してオーディション番組に関してはもはや一強体制かと思ってたが

BBCの底力よwwwwwwwww

似て非なる構成と見せ方でこれだけ面白い番組を作ってくるとか、制作サイドは火がついたなこりゃwww

こうなると、BBCが次にどんな番組を立ち上げてくるか楽しみでしょうがねぇΣd(・∀・´)

来年はもちろん、下半期にどんな番組をXにぶつけてくるのかwww

(0゚・∀・)wktk

2017/07/23 (Sun) 22:52 | EDIT | REPLY |   

シーラB  

Re: (*’ω’ノノ゙☆パチパチパチパチ

> 通り酢ガリさん
ほんとBBCがThe Voiceを手放したことで
逆にBBCの方が面白くなりつつあるという
キッズボイスより遥かに面白かったわけだしwww
良い番組制作会社を囲い込めたということなんだろうか
でも前々から『Strictly Come Dance』とかやってたし
短期集中で面白い番組を作るのが得意なのかもしれない

なんにしても、ほんと次にどんな番組を持ってくるのか楽しみですねwww

2017/07/24 (Mon) 12:12 | EDIT | REPLY |   

Add your comment